記事

コンビニ24時間見直し ファミマ深夜休業容認

ファミリーマートは、昨日14日、フランチャイズ加盟店との基本契約を改定し、2020年3月から深夜休業を認める、と正式発表しました。

本部の合意がなくても加盟店の判断で実施でき、日曜日のみの週1回の時短も可能になります。発表のポイントは、

〇24時間営業を原則としてきたフランチャイズ加盟店との契約を改定し、2020年3月から加盟店の判断による深夜休業を容認

〇休業時間は午後11時~午前7時の間で本部と協議し、毎日実施する場合と日曜深夜のみの2パターンから選択

〇経営合理化のため2020年2月までに本部社員の1割に当たる約800人の希望退職を募集

〇加盟店支援に年間約100億円を投じる、

というものです。
コンビニの時短営業については、セブンーイレブンが11月から8店舗で深夜の時短営業を開始しました。

ローソンではすでに時短を認める契約があり、1日時点で118店舗が時短営業をしています。
コンビニ大手の時短容認の方針が出そろい、24時間営業を原則にしてきたコンビニ経営の大きな転換点になる、ということです。

本部の合意がなくても深夜休業を認めるとしたファミマの沢田社長は、「人手不足や最低賃金(の上昇)でコスト構造が変わり、収益で苦労している加盟店がある。時短実験の結果、収入が上がった店があるのも事実。いろんなオプションを示して判断してもらう。」「地域に寄り添って、分権化していくのが改革のひとつ。本部が押し付けず、地域に分権して判断していく。」と語っている、と報じられています。

コンビニの中では、セブン―イレブンが、相変わらず24時間営業を原則として本部が指導しているように見えますが、全体としては、時短の流れは進むのだと思います。

働き方の見直しや、環境への配慮など、時代とともに価値観も変わって当然なので、私たち消費者も便利さだけを求めるのではなく、妥当な開店時間にできるよう、意識を変えていく必要があると思います。

あわせて読みたい

「コンビニ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    猫の目が…奇跡の失敗写真が話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    収監された周庭さん 12人部屋に

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    安倍氏に弁護士「虚構だった?」

    郷原信郎

  4. 4

    GoTo見直しで焦る日本の敗戦模様

    文春オンライン

  5. 5

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  6. 6

    菅氏はカジノより介護を優先せよ

    毒蝮三太夫

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    桜疑惑 安倍氏かばう議員に疑問

    猪野 亨

  9. 9

    独裁者に目を付けられた周庭さん

    WEDGE Infinity

  10. 10

    注文待つ「Uber地蔵」街中で急増

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。