記事

校則撤廃中学校の校長 「教員らしく振る舞う必要ない」

1日1回は校内を回るのが校長・西郷さんの日課。生徒の些細な変化にも気づきやすくなるという(撮影/浅野剛)

東京都世田谷区立桜丘中学校長の西郷孝彦さん(撮影/浅野剛)

 東京都世田谷区立桜丘中学校では、校則の全廃による服装や髪形の自由化のほか、チャイムは鳴らず、何時に登校してもいい。今年度から定期テストも廃止され、代わりに10点ないし20点の小テストを積み重ねる形式に切り替えられた。スマートフォン(スマホ)やタブレットの持ち込みが許可され、授業中も教室外での自習が認められている──これら画期的な学校改革は大きな注目を集め、新聞や雑誌、テレビでも取り上げられてきた。

【別写真】桜丘中学校長の西郷孝彦さん

 校長の西郷孝彦さん(65才)の初となる著書『校則なくした中学校 たったひとつの校長ルール』には「子育ての参考になった」「こんな先生に教わっていたら、人生が変わっていたかもしれない」などと、大きな反響が寄せられている。

 しかしそうした改革は、決して理論ありきで行ったものではないと西郷さんは言う。

「ルールはただ1つ、“誰もが楽しい3年間を過ごせる学校”にすること。生徒一人ひとりの抱える問題を解決していく上でぶつかった不都合を見直し、取り除いていくうちに、結果そうなったにすぎません」(西郷さん・以下同)

 西郷さんは、この桜丘中学校で校長として10年務めてきた。“ちょっと変わった”、それでいて“楽しい”学校へと生まれ変わったキセキとは、どんなものだったのだろう。

 東京・世田谷──。春には見事な桜並木、夏には木陰のトンネルとなる大通りに面し、大学や区立小学校が隣接する静かな住宅街に桜丘中学校はある。

 3階建ての校舎の廊下を、この日も西郷さんはゆっくりと歩いていく。どんなに忙しくとも1日1回は校内を回り、生徒や授業の様子に目を配るのが日課だ。

「校長先生!」と、生徒たちがうれしそうに駆け寄る。「あれ、髪切った?」「風邪、治ったね」。生徒の小さな変化に気づき、会話が弾む。驚くことに、生徒の恋愛事情にも詳しく、15才が50才年上の校長に恋の相談をする光景も、ここではまったく普通のことだ。

 校長と生徒の交流の場は廊下だけではない。ドアが開きっぱなしの校長室では、一日中生徒が入れ代わり立ち代わりやって来て、悩みごとを相談したり、勉強を教わったり、校長室に置かれたギター片手に熱唱したりもする。

 これほど生徒に慕われる西郷さんだが、教員になった当初は、子どもにどう接したらいいのか、皆目わからなかったというから驚きだ。

◆“教員らしく”より、素で語り合えばいい

 小さい頃から機械いじりが得意だった西郷さんは、上智大学の理工学部に進学。就職はコンピューター関連の企業にと決めていた。

 ところが、1973年に始まったオイルショックのあおりを受け、工学系の採用人数は激減、進路変更をやむなくされた。高校時代に流行った「モーレツからビューティフルへ」というCMのキャッチコピーよろしく、「教員には夏休みがある。きっとビューティフルな生活になるだろう」と、都の教員を目指す。しかし、いざ始まった教員生活は、予想とは別物だった。

 1979年、最初に配属されたのは養護学校(現・特別支援学校)。そこに通う子どもたちの大半は、人の手を借りなければ自分で食事も、そして排泄も、うまくしゃべることさえもできなかった。

「最初の1年は、子どもたちにどう接していいものか、見当もつきませんでした。ただ、じっとほかの教員がやることを見ているだけ。まして歌にお遊戯をつけて踊るなど、できもしませんでした」

 しかし、肢体不自由ながら、必死にコミュニケーションをとろうとする子どもたちを、日々、目の当たりにするうちに、何かが変わっていった。

「初めは子どもたちが何を言おうとしているのかわかりませんでしたが、一生懸命な顔の表情や手を振る仕草で、気づくとなぜか気持ちが通じ合うんです。そうか、こちらも必死で伝えようとすれば伝わるかもしれない。そう思ったら、ふっと気持ちが楽になりました」

 それからは、徐々に子どもたちにとけ込めるようになっていった。すると今度は子どもたちに共通する、ある感情に気づく。

「自分はいつも誰かに車椅子を押してもらって、食事も食べさせてもらっている。だから、わがままは言っちゃいけない、きちんとしなくちゃいけないと、子どもたちが遠慮しているのです」

 自分のせいで肢体不自由になったわけではないのに、そんなの、絶対におかしい。自分の人生を堂々と生きてほしい。卑屈になる気持ちをぶち壊してやろうと、西郷さんはいろんな体験を通して子どもたちの素に迫った。

 普通なら“危ないからやっちゃダメ”と言われそうなことを、あえて子どもたちとやってみた。ある時は、戦艦のプラモデルに火薬を仕掛けて爆発させてみたりもした。子どもたちは、思ったとおりの大喝采。大喜びする様子を見て、西郷さんもまた、心の底から笑うことができたという。

「教員らしく振る舞う必要はなかったんですね。“素”の自分を出せばいい。それがいちばんダイレクトに子どもたちに伝わることを、この時、学びました」

 喜びに相反して、悲しい現実もあった。普通、子どもたちは成長とともに日に日にできることが増えていく。しかし、養護学校の子どもたちは難病を抱え、昨日まで歩けていた子が歩けなくなり、しゃべることができなくなる子もいる。早くに亡くなる子もいた。

「生きるとはどういうことか。それまで何も考えずに生きてきた自分は、どれほど薄っぺらい人生だったのだろうと、自分の生き方を恥じました」

 子どもたちにとって、一日一日が濃密だからこそ、ただ学校に来るだけではなく、そこでどう過ごすのかが重要なのだ。楽しい3年間を送ることは、何にも増して大切なことだと子どもたちに教えられる毎日だった。

※女性セブン2019年11月28日号

あわせて読みたい

「学校教育」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  3. 3

    貧困シングルマザー生む単独親権

    田中俊英

  4. 4

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  5. 5

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  6. 6

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  7. 7

    HDD流出 騙しで揺らぐ信用業務

    自由人

  8. 8

    できる人の当たり前 通じぬ人9割

    藤沢数希

  9. 9

    「甲子園は商業的」報じない朝日

    メディアゴン

  10. 10

    話題の肛門日光浴 医学根拠なし

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。