記事

火災で失われた首里城が「沖縄の心」の象徴とされる理由とは

出火原因は電気系統のトラブルとみられる(EPA=時事)

 沖縄の首里城火災により、多くの歴史的建造物や文化財が失われた。歴史作家の島崎晋氏が、首里城など琉球時代からの遺跡群が「沖縄の心」を象徴する理由について解説する。

 * * *
「うちなんちゅう(沖縄の人)が泣いている」──那覇市の消防局に、首里城正殿付近で煙が出ていると119番通報があったのは10月31日の午前2時40分頃のことだった。

 懸命の消火活動にもかかわらず、火災が鎮圧されたのはそれから約8時間後。発火場所である木造3階建ての正殿に加え、延焼により北殿や南殿など6棟と奉神門が失われる結果となった。

 首里城正殿は1429年から450年間存在した琉球王国の王城で、政治や外交、文化の中心地でもあった首里城跡に建設されたもの。太平洋戦争中に戦災で焼失したが、1992年に復元され、2000年には「首里城跡」としてユネスコの世界文化遺産に登録された。また、同年に開催された沖縄サミットを記念して発行された2000円札のデザインには首里城近くの守礼門が採用された。

 中国と日本の築城文化を融合した独特の建築様式などに価値があるとされ、沖縄の歴史や文化を象徴する存在だった。「うちなんちゅう」が哀しむのも当然だが、彼らにとっての「象徴」という言葉には実に深い意味がある。そのことは世界遺産に登録されたときの名称「琉球王国のグスク及び関連遺跡群」という名称からもうかがうことができる。

 グスクとは城のこと。「琉球王国のグスク及び関連遺跡群」には首里城跡に加え、4つのグスクと国王の別邸、陵墓、拝所、御嶽(うたき)各1か所が含まれていた。御嶽については後述するとして、4つのグスクの中でも沖縄本島中部地区にある座喜味グスクと勝連グスクは復元されたものだが、北部地区の本部半島にある今帰仁(なきじん)グスクと南部地区にある中グスクは創建当時の姿を留めている。

 今帰仁グスクは琉球王国統一以前の北山王の居城で、築城は13世紀頃。グスクとしての規模は沖縄でも最大級で、とりわけ長い城壁に目を奪われる。一方の中グスクは15世紀初頭、すなわち北山、中山、南山の3国が統一される前後に建造されたもので、高度な技術で造られた城壁が非常に美しく、1853年に浦賀へ向かう途中のペリー一行もその素晴らしさに心打たれたと、乗船者の一人が書き残している。

 これらのグスクに共通するのは、単なる古城ではなく、必ず近くに御嶽が存在すること。正確を期すれば、特別な御嶽の近くを選んでグスクが築かれたと言ったほうがよいだろう。

 御嶽とは神が降臨して鎮座する聖域のことで、日本本土で言う磐座(いわくら)にあたる。本島では村落ごとに必ず1か所あり、祭祀の中核としての役割を担い続けた。多くは拝殿や社殿を備えず、最奥部にあるイビあるいはイベと呼ばれる至聖所にある巨岩や神木の前に石製の香炉が置かれるのみだが、これまた神社建築が出現する前の本土のあり方に近い。

 グスクが特別な御嶽の近くに築かれたのは神の加護を願ってのこと。グスクと御嶽こそ「沖縄の心」がもっとも凝縮された聖地なのだ。首里城内にもかつて首里森と真玉森という2つの御嶽が存在し、首里森のほうは1997年に復元されたものが幸いにして今回の火災による被害を免れた。

 数あるグスクのなかでも格段特別視されているのは、沖縄の創世神話にまつわる「開闢(かいびゃく)の七御嶽」と呼ばれるところで、本島に6か所、久高島に1か所が点在している。

 なかでももっとも有名なのは王国祭祀の拠点であった斎場(セーファ)御嶽だ。聞得大君(きこえおおきみ)という最高位の女性祭司の即位式の行なわれた場所であり、長らく男子禁制の場とされてきた。沖縄出身の小説家・池上永一の『テンペスト』は王朝末期の聞得大君が登場する作品で、仲間由紀恵を主演に迎え、NHK BSプレミアムでドラマ化もされたから、ご覧になった方もいるだろう。

 これら御嶽を訪れる際は浮ついた心を断固排除すべきところ、近年は哀しいことに、“インスタ映え”を求める観光客により、地元住民の心や神聖な空気をかき乱す行為が目立っている。久高島ではやむなく立ち入り禁止エリアを設けたが、観光客の良識を期待して看板を立てるのみにしたのが災いして、インスタに投稿することなどを目的に入り込む者が依然として後を絶たないという。このままでは鉄柵を設けねばならなくなるかもしれない。

【プロフィール】しまざき・すすむ/1963年、東京生まれ。歴史作家。立教大学文学部史学科卒。旅行代理店勤務、歴史雑誌の編集を経て現在は作家として活動している。著書に『ざんねんな日本史』(小学館新書)、『いっきにわかる! 世界史のミカタ』(辰巳出版)、『いっきに読める史記』(PHPエディターズ・グループ)など著書多数。最新刊に『ここが一番おもしろい! 三国志 謎の収集』(青春出版社)がある。

あわせて読みたい

「首里城」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  3. 3

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  4. 4

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  6. 6

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  7. 7

    菅長官の高級ホテル開発案は愚策

    木曽崇

  8. 8

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  9. 9

    あたらしい党から3人目の離党者

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。