記事

女子ゴルフの陰湿さ、男性キャディ略奪で「泥棒猫」事件も

笠りつ子は今季自粛を発表(Getty Images)

笠は古閑美保の”妹分”(写真/共同通信社)

 人気女子プロがゴルフ場で従業員に「死ね」と暴言を吐いたとされる前代未聞の騒動。その背景を追うと、テレビ中継には映らない複雑な人間関係が浮かび上がってきた──。

【写真】騒動の笠りつ子は古閑美保の”妹分”

 ゴルフ場の風呂場の脱衣所にバスタオルがなかったことを発端に騒動を起こした笠りつ子(りゅうりつこ・32)は、今季の残りの大会を自粛するとしたが、「他の選手のなかには、“すでにシード権が確実だから痛くもなんともないでしょう”と陰口を叩く者もいる」(ゴルフ紙記者)という。ベテラン女子プロが話す。

「女子ゴルフの世界は陰険というか、執念深い人たちの集まりみたいなところがありますからね。これまでも選手同士や派閥・グループ同士での足の引っ張り合いが繰り返されてきた。

 10年ほど前は、笠の姉貴分とされる古閑美保(37)も嫉妬される対象だった。賞金女王争いに絡むトッププロであり、ズケズケものを言うのでマスコミからの人気は高いが、そのぶん敵も多い。“ミニスカ(のウェア)をはけなくなったら引退する”などと先輩たちから反感を買うようなことを公言するので、ベテラン女子プログループに嫌がらせでスキャンダルの噂を流されたりもした」(同前)

 ウェアを提供するメーカーも、ビジュアルを優先して若手プロを厚遇するから、それがさらなる嫉妬を増幅させていく。

「アマ時代からツアーに参戦し、数多くのツアー最年少記録を更新した金田久美子(30)も、登場したばかりの頃は叩き上げの先輩プロから目をつけられていた。同組のベテランからパットのリプレースの誤りを事細かに指摘され、その場に競技委員まで呼ばれて最終的にペナルティを科されたこともあった。

 あとは、男絡みのトラブルになると、さらにややこしい。別の女子プロと付き合っていた男性キャディを“略奪愛”した選手がいて、ロッカールームで胸ぐらを掴まれて“この泥棒猫!”と罵られるという騒動もありました」(同前)

※週刊ポスト2019年11月22日号

あわせて読みたい

「ゴルフ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  2. 2

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  3. 3

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  6. 6

    五輪もパラリンピックも中止にするべきではない。強いメッセージは経済対策・法改正で出すのが筋

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月02日 08:25

  7. 7

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

  8. 8

    日産の小さな高級車「ノート オーラ」に中高年の支持が集まる理由

    NEWSポストセブン

    08月02日 10:43

  9. 9

    行政から「入院できません」札幌市の医療崩壊受け医療従事者ら新宿でデモ

    田中龍作

    08月02日 09:00

  10. 10

    ベラルーシ女子陸上選手、帰国拒否 羽田空港へ連れられ

    BBCニュース

    08月02日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。