記事

野口五郎、ライブ動画配信システムを開発して特許を取得

 野口五郎が、11月12日放送の『ごごナマ』(NHK総合)で、自ら開発して特許を得た「テイクアウトライブ」について語った。

 コンサート動画をQRコードを利用してスマホなどで閲覧できるサービスで、野口のほか、DREAMS COME TRUEなどが採用したことがあるという。

 野口は新しいアイデアを生み出す秘訣を「妄想」と明かし、「要するに夢ですよ。自分がお世話になってきた音楽業界に恩返ししたいと強い思いはあります」と語った。

 サービスを考えたきっかけは「地方へ行って、ストリートミュージシャンが寒い日に、ギターを弾いて、手袋を外してCDを売っている姿を見て、なんとかしたいと思った」という。

 ライブ直後に映像を配信でき、「最初にレコーディングして、コンサートで歌うたびにだんだん熟成していく。九州のコンサートで『どうやら野口五郎が失敗したらしいぞ』というのがあったら、その失敗したのを聴いてみたいなとか」と、各地方でのハプニングなども見てほしいと話していた。

 野口は郷ひろみ、西城秀樹とともに「新御三家」と呼ばれ、絶大な人気を誇ってきた。

 2人との出会いについて、野口は「ひろみを最初、ジャニー(喜多川)さんから紹介していただいたときは嬉しくて。一緒に食事をして、ブロマイドをもらった。(それから)プロデューサーに今度デビューする郷ひろみだよって宣伝しまくった」と、別事務所だが、郷をプッシュしたという。

 昨年5月に亡くなった西城秀樹については「マネージャーが、よく僕が歌ってる現場にデビュー前から連れてきていた。ライバルのような弟のような兄貴のような、大親友というか。不思議な関係です」と絆を語った。

 西城が以前、チャリティーコンサートを行う際に、野口は「最後にみんなで歌える歌を作ってほしい」と頼まれた。一度は断ったが、結局曲を作り、締め切りの日に西城の家まで届けたという。

 そうして完成した曲『LOVE SONGを永遠に』を、野口と西城が一緒に歌った映像が紹介されると、野口は「生きることがテーマで、なぜ彼にこの曲を作ったんだろうって。不思議です」としみじみ語っていた。

 この曲を西城の死後、野口と西城それぞれの子供たちが歌っているという。その映像もテイクアウトライブで出したそうで、ここでも特許が役立ったことになる。アイデアマンとして知られる野口。仲間との絆を歌った曲も、現代のテクノロジーでテイクアウトできるのだ。

あわせて読みたい

「動画配信」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    埼玉県でマスク30万枚が野ざらし

    SmartFLASH

  2. 2

    中韓が日本産盗む?対立煽る報道

    松岡久蔵

  3. 3

    安倍首相の暴走許す自民党は末期

    田原総一朗

  4. 4

    ひろゆき氏 五輪の開催は難しい

    西村博之/ひろゆき

  5. 5

    新型コロナで公共工事中止は愚策

    近藤駿介

  6. 6

    権限ない休校要請 保護者は困惑

    BLOGOS しらべる部

  7. 7

    在宅勤務に賛成して休校否定の謎

    やまもといちろう

  8. 8

    政府の無策が招く東京五輪中止

    渡邉裕二

  9. 9

    石破氏 船内対応巡る発言を反省

    石破茂

  10. 10

    マラソン決行 主催の説明に呆れ

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。