記事

SNSが新聞を動かした? いや内部の自浄作用が働いた

前回の記事の後、朝日新聞から発表がありました。
>これらの報道内容がすべて事実かどうかや、治療法の医学的な有効性、司法手続きの最新状況といった事柄まではすぐには判断できませんが、少なくとも、この書籍の広告がシモンチーニ氏を「医師」と表示して治療法を紹介していることには疑念があります。広告表現は広告主の責任においてなされるものですが、「ガンは真菌(カビの一種)だ」などとする表現は媒体として十分な検討を行うべきでした。
なかなか本文へ届かないもどかしさ、そして訂正、謝罪とまではいかない文章ながら、わずか2日でこのような素早い、そしてはじめてではないかという対応がとれた朝日新聞を評価します。(えらそうですいません)

今回勝俣先生がツイッターで動いた後、様々な医療者がSNSなどを通じてこのいい加減な書籍を批判しました。そしてさらにそれを遠慮なく広告している朝日新聞をある意味罵倒しました。

下のツイートにあるように、内部の人間はこのジレンマを解消するために一生懸命動いたんだと思います。 もちろん十分ではないという批判もあると思います。ただ今までほぼ0対応だったものが一歩前に進んだこと、内部の当たり前の行動が組織を動かしたこと(まだSNSのレベルですが)を繰り返しになりますが高く評価し拍手したいと思います。

ただこれからです。
>出版物の広告は、できる限りその表現を尊重していますが、掲載判断にあたっては、内容に応じて慎重なチェックに努めてまいります。
J-castニュースからですが、日本新聞協会が定める新聞広告の掲載基準
>「内容が不明確なもの」
>「虚偽または誤認されるおそれがあるもの」
>「非科学的または迷信に類するもので、読者を迷わせたり、不安を与えるおそれがあるもの」
を可能な限り守っていただけると医療界が変わっていくと思います。そうとんでも医療に泣く人間が減っていくはずです。

あわせて読みたい

「医療」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    独善的な告発医師の下船やむなし

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    野村克也氏の本塁打は実質985本?

    毒蝮三太夫

  3. 3

    辻元氏 ANA資料は公正かつ誠実

    辻元清美

  4. 4

    苺ブッフェ 持ち帰りOKは画期的

    東龍

  5. 5

    「おっぱい祭り」NHK大河が話題

    SmartFLASH

  6. 6

    肺炎より地元行事? 大臣は無責任

    大串博志

  7. 7

    長妻氏側が山本太郎氏側に圧力か

    田中龍作

  8. 8

    識者が恐怖したクルーズ船の惨状

    青山まさゆき

  9. 9

    クルーズ船感染は人災? 医師告発

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    コロナを政府批判に利用する朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。