記事

日大アメフト部の“危険タックル”問題 当時の監督とコーチ、選手の3人を不起訴処分へ


 日本大学アメリカンフットボール部の危険タックル問題で、東京地検立川支部が当時の監督とコーチ、選手の3人を不起訴処分にする方針を固めたことが14日にわかった。

 日大アメフト部をめぐっては去年5月、東京・調布市で行われた試合中に、日大の宮川泰介選手が関西学院大学の選手に後ろからタックルしてけがをさせた。警視庁は、当時の内田正人監督と井上奨コーチについて反則を指示したと明確に確認できないとして、傷害罪での起訴を求めない意見書をつけた上で書類送検していた。

 その後の関係者への取材で、これを受けて処分を検討した結果、東京地検立川支部は2人を不起訴処分にする方針を固めたことがわかった。また、宮川選手についても不起訴処分にする方針だ。
(AbemaTV/『AbemaNews』より)

非売のボランティアグッズ ラグビー熱で高額転売

あわせて読みたい

「日大アメフト問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    満員電車ゼロ 小池知事は今やれ

    藤田孝典

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  5. 5

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  6. 6

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  7. 7

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  8. 8

    コロナ患者かかった病院実名公開

    PRESIDENT Online

  9. 9

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。