記事

「桜を見る会」来年は中止に

政府は、昨日13日、公費によって首相が主催する2020年の「桜を見る会」を中止すると発表しました。菅官房長官が、記者会見で「招待基準の明確化やプロセスの透明化を検討し、予算や招待人数を含めて全般的に見直す」と明らかにしました。安倍首相の地元支援者が多数参加したと指摘されていて、行事の「私物化」が批判され、批判回避のために異例の判断に追い込まれた、といわれています。

この疑惑については、8日の参院予算委員会で共産党の田村智子氏が、4月の桜を見る会前日に東京都内で開かれた首相後援会の前夜祭に約850人が参加したとして「「桜を見る会」とセットでの後援会の一大行事になっている。桜を見る会では酒などふるまう。公選法違反のようなことに税金を使っている」と批判しました。

その後、維新の会を除く野党が超党派でチームを作って追及していました。安倍首相は、桜を見る会について、8日の参院予算委員会で「招待者の取りまとめなどには関与していない」と答弁していました。ところが、地元の安倍事務所が、桜を見る会の案内のために出していた文書が明らかになりました。

桜を見る会と合わせて東京都内を観光するツアーが複数記されていて、返事を求めるようになっていました。「安倍事務所は、飛行機、ホテル、バス移動まで丸抱えで支援者の面倒を見るシステムだった」と地元関係者が証言している、と報じられています。参加者から約6~8万円の代金を徴収しているということですが、桜を見る会会場までバスで送迎するなどもしています。

今回、来年は中止としたことは、「非を認めた」と受け止められていて、野党は国会論戦を通じて「税金を使った支持者の接待」の実態をあぶり出すとしています。桜を見る会は、毎年行われてきていますが、2014年には予算額1767万円で、参加者は1万3700人だったものが、第二次安倍政権になってから年々増加し、来年度予算の概算要求では5729万円と6年間で3倍以上になっています。

参加者も昨年は1万8200人と約4500人増えています。桜を見る会は、各国大使や、文化・芸能、スポーツ、政界など各界で功績があった人を招き、慰労するもので、招待者は、内閣官房と内閣府が定める開催要領に基づいて選ばれる、ということです。官邸内の首相、副総理、官房長官、官房副長官などに推薦依頼をしていて、官邸・与党の推薦は慣例となっているとのこと。

再来年以降、継続するのであれば、選考基準を明らかにして、予算も人数も削り、誰もが納得できるものにしてもらわなければ困ります。

あわせて読みたい

「桜を見る会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  3. 3

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  4. 4

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  5. 5

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

  6. 6

    菅長官の高級ホテル開発案は愚策

    木曽崇

  7. 7

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  8. 8

    フィンランドで34歳女性が首相に

    BLOGOS しらべる部

  9. 9

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  10. 10

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。