記事

大手銀グループ、中間純利益が3年ぶり減 マイナス金利拡大警戒も


[東京 14日 ロイター] - 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>など大手銀行3グループの2019年9月中間連結決算は、純利益が計1兆3295億円と3年ぶりに減益に転じた。日銀のマイナス金利政策により貸出利ざやが低迷する中で、さらに0.1%引き下げられれば各行それぞれ数百億円程度の減益要因になると、会見では追加金融緩和を警戒する声も目立った。

みずほフィナンシャルグループ<8411.T>が14日発表した19年9月中間連結純利益は、前年同期比19.9%減の2876億円だった。大口融資先の財務改善が一巡し、18年9月中間連結決算で計上した貸倒費用の戻り益が縮小した。

13日に決算発表を終えた三菱UFJの9月中間連結純利益は前年同期比6.3%減の6099億円、三井住友フィナンシャルグループ(FG)<8316.T>は同8.6%減の4320億円で、3グループ全体では前年同期比10.3%の減益となった。本業のもうけを示す業務純益は三井住友FGを除く2グループが増益だった。

国内では、超低金利で各行とも利ざやが節目の1%を下回って推移した。貸し出しのうち、大企業向けでは「下げ止まりの兆しも出ている」(三井住友FGの太田純社長)との声もあったが、総じてみれば利ざやの縮小傾向からは脱しきれていない。

みずほの坂井辰史社長は14日の記者会見で、マイナス金利水準がさらに0.1%引き下げられれば「300億円の減収減益のインパクトがある」と述べた。

三菱UFJは「数百億円単位の影響がある」(三毛兼承社長)、三井住友FGも「ボトム(最終利益)で200億円の影響が出る」(太田社長)と見込み、必要なら追加緩和を躊躇(ちゅうちょ)なく実行する構えの日銀に対する警戒感を崩していない。

(山口貴也)

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  3. 3

    官僚へ負担どっち? 野党議員反論

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    処理水の安全 漁業側が自信持て

    山崎 毅(食の安全と安心)

  7. 7

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  8. 8

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  9. 9

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  10. 10

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。