記事

まさか、野党の追及を躱すために国会を解散する、などというえげつないことを考えていないでしょうね

安倍総理の心中が穏やかならざることは、それとなく伝わってくる。

天皇即位に伴う一連の儀式は滞りなく行われたようだが、それ以外の面では安倍総理の周辺には決していいことが起きていない。
満を持して行ったはずの内閣改造がズタズタと言うほどではないが、あちらこちらに綻びが見えて、何のための内閣改造だったか分からなくなっている。

国の内外だけでなく、あちらこちらにトラブルの種を抱えているようだから、頭痛の種は尽きないのだろう。

大学入試のための英語民間試験の導入延期決定も唐突だったが、来年の桜を見る会の開催中止決定も突然だった。
安倍総理や安倍事務所に直接火の粉が掛かってきたから、これはとても堪らない、ということで、窮余の一策でとりあえず来年の桜を見る会は中止することにされたのだろう。

菅官房長官の献策だったのかしらと思っていたが、中止の決断そのものは安倍総理が自らされたようである。

今年の桜を見る会に出席された方々が一斉にご自分のブログ記事を削除している、という話があるから、記事を残しておくことに相当のリスクがある、という認識が急速に広がっていたのだろう。

皆さん、一目散に逃げ出しているように映る。
出席者の名簿をはじめ、一般の方々に知られてしまっては困るようなことがあったのだろう。

私は、隠せば隠すほど厳しく追及される、逃げれば追われる、ということをある程度知っているので、こういう場合は、基本的に逃げるな、隠すなとアドバイスするのが通常なのだが、今私たちが見ているのはどうやらその反対の対応のようである。

まあ、野党の皆さんの今後の対応次第なのだが、安倍総理のストレスは当分募る一方のはずだ。

選挙には強いがストレスには弱そうなのが安倍総理だとすると、これから先何が起きるか分からない。
選挙上手な安倍総理は、これまで何度も衆議院の解散で急場を凌いできたと言われている。

解散風が吹き始めて大体10日で衆議院が解散になっている、というデータがあるようである。

今日現在は解散風が吹いていないことは確かだが、これから何が起きるか分からない。

まあ、常在戦場という言葉があるくらいだから、関係者の皆さんは、それなりに備えておられると思うが・・。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

議論新型コロナウイルスに向き合う

ランキング

  1. 1

    ナイキCMを100%褒め称える危うさ

    倉本圭造

  2. 2

    凋落の新聞社 報道の行く末とは

    ヒロ

  3. 3

    10代死亡はミス? 厚労省の大誤報

    青山まさゆき

  4. 4

    引退後も悪夢 アスリートの苦悩

    山本ぽてと

  5. 5

    コロナ報道の正確性に医師が疑問

    名月論

  6. 6

    渡部建の目論みに冷ややかな声

    女性自身

  7. 7

    堀江氏「医療崩壊の原因は差別」

    ABEMA TIMES

  8. 8

    NHK捏造か 軍艦島の疑惑説明せよ

    和田政宗

  9. 9

    海外は大麻OK 伊勢谷被告の驕り

    渡邉裕二

  10. 10

    細野氏「国会機能が明確に低下」

    細野豪志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。