記事

NZ中銀、緩和の効果見極め 必要なら2月に行動=副総裁


[ウェリントン 14日 ロイター] - ニュージーランド準備銀行(中央銀行、RBNZ)のバスカンド副総裁は14日、RBNZが前日予想外に政策金利を据え置いたことについて、これまでの金融緩和の効果を見極める時間ができたと発言、必要なら来年2月に再び行動する可能性があると述べた。

RBNZは前日、市場の利下げ予想に反して、政策金利のオフィシャル・キャッシュ・レート(OCR)を1.0%に据え置いた。これを受けてNZドルは急伸した。[nL4N27U03A]

副総裁はロイターとのインタビューで「委員会がしばらく様子を見て、事態がどのように推移するか見極めるというのが基本的な判断だった」とし「2月に再び決断を下す必要があるが、必要であればその時点で金利を動かす」と述べた。

副総裁は、雇用指標は比較的良好で、商品価格も高水準だと指摘。住宅市場も再び拡大しており、国内外の景気減速の影響が相殺されているとの認識を示した。

副総裁は、ニュージーランドドルは今年下落しており、貿易依存度の高い国内経済を下支えしていると指摘。「長期的に見れば1年前の水準をまだ2─3%下回っている。為替レートは世界の貿易見通しの悪化に対する有効な緩衝材となり、輸出収益の拡大の維持に寄与している」と述べた。

副総裁は、来年2月の政策決定では、経済指標と国際情勢に加え、来月5日に発表予定の銀行の資本増強策も考慮に入れると発言。

RBNZは、深刻な金融危機に備えて大手銀行の自己資本比率を16%に倍増することを提案しているが、一部のエコノミストは、こうした規制強化を受けて貸出金利に上昇圧力がかかり、経済成長率と資産価格の重しになる可能性があると分析。結果的に利下げにつながるのではないかと指摘している。

副総裁は、自己資本比率の水準や引き上げ時期についてまだ最終決定は下していないとし「我々の提案が金利全体に及ぼす影響は、それほど広範にはならないと考えている」と述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ホロコースト揶揄を報告した防衛副大臣に呆れ 政府のガバナンスは完全崩壊か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月23日 10:46

  2. 2

    天皇陛下の開会宣言に着席したまま…菅首相に「不敬にも程がある」と非難の声

    SmartFLASH

    07月24日 08:58

  3. 3

    橋本会長、「選手のプレイブック違反」証拠をお見せします 出場資格を取り消せますか

    田中龍作

    07月23日 08:33

  4. 4

    バッハ会長“長過ぎスピーチ”で…テレビが映さなかった「たまらずゴロ寝」選手続々

    SmartFLASH

    07月24日 09:20

  5. 5

    天皇陛下と同列?五輪開会式でのバッハ会長の振る舞いに違和感続出

    女性自身

    07月24日 11:55

  6. 6

    感染爆発は起こらないことが閣議決定されました

    LM-7

    07月23日 22:45

  7. 7

    自民党で相次ぐ世襲の新人候補者 3つの弊害を指摘

    山内康一

    07月24日 09:24

  8. 8

    前例を覆した開会宣言 政府の緊急事態宣言よりも感じる「重み」

    階猛

    07月24日 10:39

  9. 9

    退職金や老後資金を吸い上げる「ラップ口座」の実態

    内藤忍

    07月24日 11:33

  10. 10

    五輪めぐる批判と応援 「矛盾」と切り捨てる必要はない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    07月24日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。