記事

アップルウオッチ、心臓疾患探るのに有効=米研究グループ


[シカゴ 13日 ロイター] - 米研究グループは13日、アップル<AAPL.O>の腕時計型端末「アップルウオッチ」で不整脈の一種「心房細動」の精密な検知が可能とする調査結果を発表した。心臓疾患の可能性を探るのに有効という。

米スタンフォード大の研究者らが米医学誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン」で発表した。8カ月の試験期間のためアップルウオッチを契約、装着した患者40万人以上を対象に、心拍数センサーとアルゴリズムの機能を調査した。不規則な脈拍が検知された参加者にはパッチ型の心電図取得装置を送り、うち34%に心房細動が検出されたという。

不規則な脈拍が警告されたは参加者全体の0.5%だった。健康に問題がないのに余計な通知をしてしまうとの懸念が和らげられたとしている。

ただし、同誌の発行人は編集付記として、調査への参加者はアップル社のiPhone(アイフォーン)とアップルウオッチを持たねばならず、全員が研究スポンサー企業の顧客になっていたとコメントした。

調査には加わっていない専門家は、有望な技術ではあるが、装着者の半分以上は40歳未満で、もともと心房細動のリスクが低い層だと述べた。

それでも、ハイテク企業が医薬品メーカーと提携し、大量の個人の健康データをリアルタイムに収集する方法を探る例は増えている。

今月初め、米アルファベット傘下のグーグル<GOOGL.O>は健康管理向け腕時計型端末を手掛けるフィットビットを21億ドルで買収した。フィットビットは昨年10月、心房細動を検出する技術開発に向け、米製薬大手のブリストル・マイヤーズ・スクイブ<BMY.N>やファイザー<PFE.N>と手を組んでいる。

医療支援サービスのアライブコアが開発した心電図取得機能付きの携帯電話用アクセサリー「カーディアバンド」は2017年、米当局の承認を取得している。

あわせて読みたい

「Apple Watch」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  3. 3

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  4. 4

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  5. 5

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  6. 6

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  7. 7

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  8. 8

    歴史問題持ち出し言いたい放題の中国 反論できない日本政府

    NEWSポストセブン

    04月12日 09:36

  9. 9

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  10. 10

    日本学術会議問題 会員の任命拒否と組織のあり方の議論は別

    小宮山洋子

    04月11日 18:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。