記事

「自ら首を絞める新聞界の古い体質!」―休刊日で遅れた祝賀パレード報道―

11月10日午後、秋晴れの下で行われた天皇陛下のご即位を祝うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」をテレビで見ながら、国民を挙げた祝賀ムードの高まりをあらためて実感した。NHKの生中継に対する視聴率は27.4%を記録したという。夕方から夜にかけたニュースも関連ニュースが続き、多くの海外メディアも取り上げた。

ところが11月10日は「新聞休刊日」で翌11日付の朝刊は発行されない。一部で号外の発行もあったが、ほとんどの新聞の本紙面での報道は1日遅れの12日付朝刊になった。新聞休刊日は各新聞社がそれぞれの判断で決め、翌年1年分の予定を社告の形で前年に公表している。11月は祝賀御列の儀当日の10日が休刊日で、当日の夕刊と翌日朝刊は休みとなる。

祝賀御列の儀は当初、天皇陛下のご即位を国内外に宣言する10月22日の「即位礼正殿(せいでん)の儀」の後、行われることになっていた。しかし、台風19号に伴う東日本の広い地域での甚大な被害に配慮して閣議で11月10日に延期された。とはいえ特別な出来事であり、新聞協会では休刊日を変更しようとの議論すらなかったのであろうか。お客様あっての商売は新聞とて同じである。発行部数の減少をなげく新聞人は多いが自らの体質の古さには気がついていないようである。

祝賀御列の儀は1990年(平成2年)11月12日に行われた現上皇の祝賀御列の儀以来、実に29年振りとなる。国民だけでなく外国からも注目を集め、当日は皇居宮殿から赤坂御所まで約4.6キロの沿道で約12万人が日の丸の小旗を手に祝意を表し、両陛下もオープンカーから笑顔で手を振って応えられた。夕方から夜の掛けたテレビニュースもパレード一色、沿道の声援に目を潤まされる皇后雅子さまの姿などが繰り返し放送された。

活字には映像と違う記録性があり、紙面が発行されていれば、読者にとって重要な「歴史の証」、「一生に一度の思い出」となり、保存する読者も少なくないのではないか。日本新聞協会によると新聞発行部数は1997年の5376万部をピークに2018年は3990万まで減少し、デジタル化など様々な試みがなされているが、新たな展望を切り拓けてはいないようだ。

重ねて言うがあらゆるビジネスは客のニーズに応えるのが何よりも原則であり、新聞界も例外ではない。言論の自由を謳歌されるのは当然ではあるが、お客を無視した商売は衰退する。休刊日の変更すらできない新聞界の現状は、はしなくも今日の新聞界の古さを露呈した感がある。 部数が減っても新聞に対する信頼度は依然高い。活字離れというより、読者のニーズに応えきれていない新聞の現状が、自ら首を絞める結果を招いているのではないか。毎朝、新聞を愛読し、多くの情報を頼ってきた新聞大好き人間として、新聞界の古い体質にあえて苦言を申し上げる。

あわせて読みたい

「新聞業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「企業の魂」を売ったオリンパス

    大関暁夫

  2. 2

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    ツーブロックNG 驚きの理由とは

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    逃げるより賭け GoTo政策の意義

    自由人

  5. 5

    新型EV「アリア」は日産を救うか

    片山 修

  6. 6

    バイキング 政権批判続ける事情

    NEWSポストセブン

  7. 7

    命を守る現場 待遇なぜ悪いのか

    毒蝮三太夫

  8. 8

    AV女優が避けられぬ「家族バレ」

    SmartFLASH

  9. 9

    子ども騙し?2野党合流協議に呆れ

    早川忠孝

  10. 10

    GoTo批判派に「楽なポジション」

    やまもといちろう

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。