記事

客をルールで縛る酒場にいい大人が集まるワケ

1/2

世田谷区経堂にあるイベント酒場「さばのゆ」は、リピーターが続出する人気酒場だ。2009年の開業以来、人のつながりや文化が醸成される場として、これまで1500回以上のイベントを開いてきた。店主の須田泰成さんは「ゆるい雰囲気を守るには、厳格なルールが必要だ」という――。


ゆるゆるとした空気が流れる「通常営業」の日。常連さんも初めて来た人も何気ない会話に花を咲かせる。

きっかけは行きつけのラーメン店の経営危機だった

イベント酒場「さばのゆ」という名前を聞いて頭に浮かんだイメージは、銭湯の湯上りにフルーツ牛乳を飲む代わりにお酒を飲む、というものだった。あるいは最近増えている、かつては銭湯だった建物を再利用して店舗にしているというケース。だが、「さばのゆ」は、そのどちらでもなかった。壁にドーンと、富士山の銭湯画はあるが……。


プリヤ・パーカー著・関美和訳『最高の集い方 記憶に残る体験をデザインする』(プレジデント社)

では、なぜ「さばのゆ」という名前になったのか? この名前の由来は、経堂の商店街、そして須田さんのこれまでの歩みを抜きにしては語れない。

コメディ界のビートルズと呼ばれる世界的なコメディグループ「モンティ・パイソン」や「Mr.ビーン」の研究家としての著書もあり、これまでに数々の、主にコメディ作品を世に送り出してきた放送作家・脚本家でもある須田さんと経堂の縁を結んだのは、20歳の時に読んだ1冊の本だった。

著者はサブカルチャーの元祖・植草甚一。そこに描かれた経堂の商店街の様子に心惹かれてすぐに引っ越しを決めたという。その後いったんは離れたものの、1997年にふたたび経堂へ。須田さんいわく「飲んで飲まれて人に出会う」日々が始まった。

「僕が経堂で地域活動をスタートした1997年は、消費税が3%から5%に上がった年です。昔ながらの個人店の景気が2、3年のうちにじわじわ悪くなり、同種のチェーン店に顧客を奪われるケースも出てきた。行きつけだった飲み屋のようなラーメン店『からから亭』の当時60代の経営者夫婦が経営の悪化を理由に店を閉めると言い出したのがきっかけでした」

集客イベントが功を制して経営危機を脱出

大好きで、いろんな人との出会いがあった、お世話になっているラーメン店。「絶対にやめて欲しくない」と思った須田さんは、同世代の常連仲間と一緒に「経堂系ドットコム」という街応援のためのWebサイトをつくり、ネットの力を駆使しながらリアルイベントで店を盛り上げた。

たとえば「からから亭」では、毎週月曜日のキャッシュオン制のバルイベントの実施。3年間150回連続での開催に、20代~30代の若い世代のたくさんのお客さんが集まり、その1~2割が常連になり店を支えるようになった。

「いろいろな集客イベントが功を奏して、『からから亭』は経営危機を脱することができました」

須田さんたちの活動はその後拡大し、より幅広く地域の個人店を応援するようになっていった。

落語文化と醸造文化で人がつながる街

経堂には伝説の地域寄席と呼ばれる「経堂落語会」というイベントがあった。1979年(昭和54年)から1989年(平成元年)まで行われたもので、商店街の店主たちが世話役を引き継いできた。過去の根多帳をひもとくと、柳家小さん、柳家小三治、桂歌丸、春風亭小朝などの名前などがある。


さばのゆ名物の落語会。ルーツは「伝説の地域落語会」といわれる「経堂落語会」。商店街の店主たちが世話役を引き継いできた。

「最初の頃はお寺が会場でしたが、その後、2000年代になって僕が引き継ぐようになって、『塩原湯』という銭湯でも開かれるようになりました。落語会にはたくさんの人が集まる。集まった人たちが笑って幸せになった後、近所の飲食店に流れる。そこで会話や出会いが生まれて、人がつながっていく。経堂という街にはそういう“集い、つながる”文化がありました」

また、近隣には東京農大があり、醸造学科には全国の酒や醤油・味噌・糀(こうじ)などの蔵元の後継者たちが毎年おおぜいやって来る。

「そういう地方出身の学生さんが、経堂の飲食店でアルバイトをする。アルバイトと店主、あるいはお客さんとのつながりは、彼らが地元に帰ったあとも長く続いていきます」

須田さんたちは、人と人が出会うことでできたつながりを大切に、さまざまな企画を立ち上げていく。農大卒業後に全国に散らばった生産者たちと商店街の個人飲食店を結び、共同でメニュー開発を行ったり地方の食イベントを実施したり。


さばのゆ店主の須田泰成さん。これまで開催されたイベントは落語会、ライブ、トーク、地域の食の会、演劇ワークショップなど、1500回以上。 - 撮影=栗栖誠紀

また、界隈のいろいろな場所で落語をはじめ、演劇、朗読、音楽、交流会などのイベントを企画・実行していった。

「経堂エリアにインバウンドを!」という意識が常に活発な行動を支えた。

銭湯のような「地域の社交場」を目指す

経堂の街や商店街の応援団という立場にいた須田さんが、2003年から駒沢や新宿ゴールデン街でのバーの立ち上げ、経営に関わった経験を活かして地元で個人飲食店のオーナーになったのは2009年の6月。前年に地域最後の銭湯「塩原湯」がなくなったことが転機となった。

「銭湯は、江戸時代からずっと地域の社交場となってきた。その銭湯が無くなってしまったので、代わりにご近所さんたちの交流拠点になる場所をつくりたいと思いました」

それが、銭湯のような店名の由来だ。では「さば」はどこから来ているのか?

「2007年にサバ缶による街おこしをスタートしました。十数店舗が参加して、街ぐるみでサバ缶メニューを提供する活動をはじめたんです。ユニークな事例でもあり、メディアにも取り上げられ注目を集め、経堂は『サバ缶の街』として知られるようになりました」

「サバ缶」+「銭湯の湯」で「さばのゆ」。おいしいサバ缶を食べながら、人々が集い、交流する場が誕生した。第1回のイベントは、なぜかアイリッシュミュージックのライブだった。以来、まる10年と半年。その間に開催されたイベントは1500回にもなる。

あわせて読みたい

「飲食業」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  3. 3

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  4. 4

    歳費の返納 拒否議員が大量判明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    「人のせいにする」ことの大切さ

    紫原 明子

  6. 6

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  7. 7

    元農水相の玉沢氏が銃撃される

    AbemaTIMES

  8. 8

    オタク差別扇動? 社会学者に呆れ

    狐志庵

  9. 9

    炊き出しに酒 型破りな被災支援

    島村優

  10. 10

    できる人の当たり前 通じぬ人9割

    藤沢数希

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。