記事

大嘗祭に考える:諸外国の憲法は国王、女帝、国旗・国家をどう規定しているか

 11月14〜15日は大嘗祭である。皇統の安定を保つためにはどうするか、女帝も含めて国民が真剣に考えるべき秋が来ている。

 その際に、諸外国の憲法が参考になる。

    *      *      *

 まずは、元首・象徴、国民主権についてである。

 ○スウェーデン統治法典
 第1条 すべての公権力は、国民から発する。
 第5条 王位継承法に従って スウェーデンの王位を有する国王又は女王は、元首である。
 ○スペイン憲法
 第1条2項 国歌の主権は、スペイン国民に存し、すべての国歌権力は国民に由来する。
 第56条 国王は、国家元首であり、国の統一及び永続性の象徴である。
 ○タイ王国憲法 
 第2条 タイ国は、国王を元首とする民主主義統治制度を有する。
 第3条 主権は、タイ国民に属する。
 ○カンボジア王国憲法
 第7条 1.カンボジア国王は、君臨するが、統治しない。
     2.国王は、終生、国家元首である。
 第8条 国王は、民族の統合と永続性の象徴である。
 第51条 3.すべての権力は、国民に属する。国民はその権力を国民議会、王国政府及び司法機関を通じて行使する。

    *     *     *

 次に、女性の王位継承について、男性・女性を問わず、平等に王位継承を認めるのが、ベルギー、オランダ、ノルウェー、スウェーデンで、男性優先ながら、女性にも王位継承を認めるのが、イギリス、デンマーク、スペインであり、女性には王位継承を認めないのが、日本である。

    *     *     *

 また、各国憲法における国旗、国歌の規定については、国旗、国歌共に憲法で規定するのは、チェコ、フランス、ポーランド、ルーマニア、ロシア、インドネシア、カンボジア、中国、フィリピン、南アフリカなどで、国旗を憲法条項とするのは、イタリア、スペイン、ドイツ、ベルギーなどである。具体例を挙げてみよう。

○フランス共和国憲法
 第2条 2.国家の標章は、青、白、赤の三色旗である。
     3.国歌は、「ラ・マルセイエーズ」である。
 ○イタリア共和国憲法
 第12条 共和国の国旗は、イタリア三色旗、すなわち緑、白および赤の同じ幅の垂直な三帯の旗である。
 ○ドイツ連邦共和国基本法
 第22条 連邦国旗は、黒・赤・金とする。
 ○インドネシア共和国憲法
 第35条 インドネシアの国旗は、赤白二色旗とする。
 第36B条 国歌は、インドネシア・ラヤとする。

      *      *     *

女性天皇、女系天皇を認めるのかどうか。女系容認、長子優先という原則を立てて皇室典範を見直さないと、皇統の安定を保つことが困難になるのではあるまいか。

あわせて読みたい

「天皇制」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    役員報告資料のパワポは禁止せよ

    武田雄治

  2. 2

    山本太郎氏 米軍から自主独立を

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

  3. 3

    中村医師の死を政策論争に使うな

    篠田 英朗

  4. 4

    1%でもやる救命「自己満足」とも

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    森ゆうこ氏への請願黙殺する自民

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ブラタモリへのツッコミこそ誤り

    新井克弥

  7. 7

    Uberで性暴行 約半数は客の犯行?

    島田範正

  8. 8

    若者はジーンズ選ばないビジカジ

    NEWSポストセブン

  9. 9

    高圧的な立民 野党合流は困難か

    早川忠孝

  10. 10

    自営業者にも厚生年金を適用せよ

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。