記事

「桜を見る会」首相、虚偽答弁 安倍事務所が招待者とりまとめ

田村智子議員(共産)はこの日も切れ味鋭く政府を追及した。=13日、衆院16控室 撮影:田中龍作=

 「私は主催者としてあいさつや招待者の接遇は行うが、招待者の取りまとめなどには関与していない」。

 安倍首相は8日の参院予算委員会で田村智子議員(共産党)の質問に対してこう答えていたが、虚偽答弁であることが明らかになった。13日の野党合同ヒアリングで野党議員が内閣官房から引き出した。

 野党議員が「安倍事務所からの推薦もあったということでよろしいんですね?」と質問すると、内閣官房の中井亨参事官は「安倍事務所に最終確認して推薦を頂いている」と答えた。

 ヒアリング会場の衆院第16控室にどよめきが起きた。

安倍事務所が後援会員に発送した「桜を見る会」案内状。=撮影:田中龍作=

 安倍首相のウソはこればかりではなかった。

 安倍首相の後援会は、会場の新宿御苑が開門する前に入場し、安倍首相と記念撮影する。開門時間は8時半。記念撮影は毎年8時前であることも明らかになっている。

 内閣府の大塚幸寛官房長によれば、桜を見る会の開催時間は、8時30分から10時30分の間だ。(8日参院予算委員会での答弁)

 田村議員が「公的行事ではなく後援会活動そのものではないか?」と質問すると、安倍首相は「招待者の入場時刻についてはセキュリティに関わることなのでお答えは差し控える」と答弁していた。(8日、参院予算委員会)

 ところがセキュリティは極めてズサンであることが、13日の対政府ヒアリングで明らかになった。

 杉尾秀哉議員(立憲民主)が「ネット転売で(招待状を)購入した人がそのまま入れる(入場できる)ということを認めますね?」と質問した。

 内閣官房の酒田元洋参事官は「もし悪意を持った人がいれば、完全にストップ、100%排除することはできない」と答えた。

 恐ろしい話だ。主管の内閣府がテロリストや反社会勢力の入場を防ぐことはできないと答えているのである。

 桜を見る会には皇族や各国の大使が出席しているにもかかわらず、セキュリティは大甘なのだ。

 安倍首相が逃げの口実に使うセキュリティはすでに無きに等しいのである。

 ひと昔前だったら、どうあがいても逃げきれない事態だ。「首相辞任」の活字が躍らないのが不思議だ。

内閣府官僚は「(事務所は知っていても)総理は知らなかったということもある」などと子供騙しにもならない説明に終始した。=13日、衆院16控室 撮影:田中龍作=

   ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合
口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座
口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合
口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に
ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「桜を見る会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  3. 3

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  4. 4

    歳費の返納 拒否議員が大量判明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    「人のせいにする」ことの大切さ

    紫原 明子

  6. 6

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  7. 7

    元農水相の玉沢氏が銃撃される

    AbemaTIMES

  8. 8

    オタク差別扇動? 社会学者に呆れ

    狐志庵

  9. 9

    炊き出しに酒 型破りな被災支援

    島村優

  10. 10

    神戸限定で人気 子供バッグの謎

    清水かれん

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。