記事

DA PUMPのKENZOは60万円…芸能人「PR協力費」大調査


DA PUMPのKENZO

 ツイートするだけで100万円――。漫才コンビ・ミキやナダルのSNS投稿に、「京都市から金銭が支払われていた」と炎上したのは10月28日のこと。まずは、京都市の弁解を聞こう。

「2018年10月、『京都国際映画祭』に合わせ、ミキのお2人にそれぞれ2回ツイートしてもらい、100万円。『京都市盛り上げ隊』というタグをつけていたので、『京都市のPRと示せている』と理解していました。

 行政の発信は、若い人に伝わりにくい。ミキさんは、兄弟合わせてフォロワーが30万人(当時)。2回のツイートで延べ60万人に届いて100万円。ひとりあたり1.7円は、安いと思います」

 この「相場」は、本当に安いのか? おもな都道府県、政令指定都市に問い合わせた回答からわかったのは、「PR大使の多くは無償」ということ。

「タレントさん側も、行政とタイアップすることで露出できるし、『社会的信用がつく』と考えて、引き受けてくれるのだと思います」(名古屋市)

「小林幸子さんが観光大使ですが、金銭の支払いはありません」(新潟市)

 一方で、こんな声もある。

「フォロワーの多い有名人なら、ひとりあたり4円くらいは当たり前。ミキの金額は非常に安い」(広告関係者)

 タレント5組とユーチューバーの「あやなん」に協力費を払っていた、北九州市の「相場感」はこうだ。

「あやなんさんのフォロワー数は100万人超で、支払いは18万円。告知いただいたイベントも満員になりましたし、破格の安さだったと思います」

 最強の「低コスト、低リスク」PRは、ゆるキャラかもしれない。

「2011年3月には、『くまモン』が誕生。無料だし、スキャンダルがないので安心できます(笑)」(熊本県)

 原資は税金。自治体には効果的なPRをしてほしい。次ページでは、おもな都道府県・政令指定都市への、本誌取材の結果をまとめて紹介する。


鉄拳

●北海道庁

・PR大使:鉄拳、藤岡みなみ

・内容:SNS投稿→委託事業なので、総額は把握していない

「民族共生象徴空間開設の道内プロモーション事業の一環で、道に縁のある、藤岡みなみさんにSNSで投稿を依頼。喫煙防止健康教育教材等作成事業委託業務で、鉄拳さんにはツイッターとインスタグラムで発信を依頼。

 いずれも委託業者への支払いで、総額は把握していません。また、どちらも道からの指示ではありませんが、投稿には『道からのPR依頼である』旨が明示されています」(広報広聴課)

●宮城県庁

・PR大使:木下ゆうか(ユーチューバー)

・内容:動画を作成、投稿→金額公表は差し控える

「宮城米『だて正夢』と、仙台牛のPRで、動画の制作、投稿を依頼。『提供 だて正夢』の動画内表示や、動画説明欄に『提供 宮城県……』と明記。相手のあることなので、金額の公表は差し控えさせていただきます」(広報課)

●新潟県庁

・PR大使:内山ミエ、ダイス(ともにユーチューバー)

・内容:動画作成→代理店に委託のため、個別の金額は把握していない

「今年8月の『横浜DeNAvs.巨人 新潟県スペシャルデー』の一環で、代理店経由で動画作成、出演を依頼。『提供 新潟県』と記載してあります。PR代金はイベント全体に対して、代理店へ支払っています」(広報広聴課)

●茨城県庁

・PR大使:カジサック(キングコング・梶原雄太)

・内容:県のYouTubeチャンネルでコラボ企画→金額公表は差し控える

「県運営のYouTubeチャンネル『いばキラTV』にて、ユーチューバーのカジサックさんとコラボしていますが、金額の公表は控えたい。『いばキラTV』の企画とわかる標記を指示しています」(プロモーション戦略チーム)

●千葉県庁

・PR大使:高城亜樹、ロシアン佐藤

・内容:YouTube動画でPRを依頼】→予算全体880万円の一部

「『千葉アクアラインマラソン2018』のPRの一環として、YouTube動画で、フードファイターのロシアン佐藤さんに食レポを、元AKB48の高城亜樹さんにマラソンコースのPRを依頼。動画内冒頭で、『提供 千葉県』と明示しています。

 ウェブ広告、スポーツ紙の広告を含めた880万円の予算から拠出していますが、お2人の出演料までは把握しておりません」(報道広報課)

●京都市役所

・ナダル(コロコロチキチキペッパーズ)、木村祐一、ミキ、タナからイケダ、福本愛菜

・SNS投稿→50万円(全員まとめて)

「2018年3月21日の『伝統産業の日』イベントで、ミキさん、木村祐一さん、ナダルさん、タナからイケダさん、元NMB48の福本愛菜さんに、1回ずつツイートしてもらい、合計で50万円、司会代を含め計216万円を吉本興業に支払っています」(市長公室広報担当)

●広島市役所

・PR大使:菅本裕子(元HKT48)

・内容:動画を作成(制作費込み)→880万円(税込み)

「2019年9月、インスタグラムのフォロワー45万人超の菅本裕子さんに、観光PR動画の企画、出演、制作を880万円(制作費込み)で依頼。

 動画は、『広島広域観光情報サイト ひろたび』でアップされているもので、市の事業とわかるものだと考えております。こちらから『SNSでの投稿をしてほしい』と依頼してはいませんが、インスタグラムで投稿してくれています」(観光政策部)

●北九州市役所

・ロバート

・SNS投稿、HP告知(イベント出演料込み)→150万円(税抜き)

・KENZO(DA PUMP)

・同上→60万円(税抜き)

・吉本実憂

・同上→70万円(税抜き)

・お宮の松(たけし軍団)

・同上→5万円(税込み)

・ビックスモールン

・同上→10万円(税込み)

「東京で開催の『KitaQフェス in TOKYO』で、ロバートさんら5組のタレントに出演依頼をし、『ご出演にあたり、HPやチラシ、SNSなどでの告知』という文言で契約をしていますが、出演料としての支払いで、投稿への支払いという内訳はありません」(北九州市東京事務所)

・あやなん(ユーチューバー)

・SNS投稿→18万円

「8月に開催したトークショーの対価として、あやなんさんに75万円。そのうち18万円は、『開催の告知と開催後の報告をSNSで投稿』する対価としてです」(地方創生推進室)

【回答不可能など】

青森県(期限内の回答不可能)、岐阜県(期限内の回答不可能)、京都府(調査中)、長崎県(期限内の回答不可能)、鹿児島県(期限内の回答不可能)、札幌市(SNS投稿の事例はあるが、代理店に依頼したもので金額の詳細を把握していない)

【無償】

秋田県、埼玉県、愛知県、三重県、和歌山県(声優・中島由貴さんに「和歌山県ふるさと広報局員」としてSNS投稿をお願いしているが無償)、仙台市(「住みます芸人」は業務全体に対して支払いあり)、さいたま市(大使を務めるタレントの投稿は自主性にまかせている)、横浜市、岡山市

(週刊FLASH 2019年11月26日号)

あわせて読みたい

「PR」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  3. 3

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  5. 5

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  6. 6

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  9. 9

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。