記事

『水曜日のダウンタウン』プロデューサー、一番怒られた企画明かす

 11月11日放送の『伊集院光とらじおと』(TBSラジオ)に『水曜日のダウンタウン』(TBS系)などを手がける藤井健太郎プロデューサーがゲスト出演した。

 伊集院光から「一番怒られた企画、なんですか?」と聞かれると、藤井Pは『キリウリ』(同局系)という番組で「アンコウをボールの代わりにラグビーしたこと」だったと明かす。

「ラグビーでトライできたら10万円」という企画で、生き物のアンコウを使って、ラグビーのロケを行い、「タックルくらって、あんこうが飛んでいったりした」と説明。

 怒られた理由について「アンコウのサイズがデカイ。あのサイズだと『動物の死骸で遊んでいるように見える』って(指摘された)」と話していた。

『水曜日のダウンタウン』では、11月6日放送回から安田大サーカスのクロちゃんが女性アイドルをプロデュースする新企画「MONSTER IDOL」がスタート。クロちゃんがさっそく候補生たちにボディタッチしながら「守るね」「一番好きだよ」と口説き文句を連発して話題をさらっている。

『伊集院光とらじおと』で藤井Pはクロちゃんについて、「お化け屋敷だからね、あれは」とコメント。その一方で「実はそんなに異常ではないと思っていて」と持論を披露していた。

『水曜日のダウンタウン』以外にも、同局の『クイズ☆タレント名鑑』『クイズ☆正解は一年後』『オールスター後夜祭』なども手掛けてきた藤井P。

「何度かダメだった企画を、ダメなりの処理の仕方をするっていうパターンもやっていて」と、企画にはやはり当たり外れがあると話す。

 だが、「つまらなかったものは、ちゃんと『つまらない』って言う覚悟というか、つまらないって言うことの面白さはあるっちゃある」とバラエティ制作の難しさを語っていた。

 藤井Pが手がけてきたリアリティショーの要素と音楽ネタの集大成とも言える「MONSTER IDOL」。クロちゃんがどこまで「ギリギリセーフな笑い」を見せてくれるか期待したい。

あわせて読みたい

「TBS」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。