記事

朝日新聞の広告 いやはや金儲けと信用は別だけど とんでも本の宣伝に責任はない?

まあ恐ろしい情報が勝俣先生から発信されました。

このイタリア医師が提唱する重曹治療。全く臨床的には意味はなく、がんはカビが原因とか、70%有効とかの医学的根拠はありません。そこに製薬会社の陰謀はありません。ただの科学的思考ができないたわけ者です。それこそ近藤誠氏の自分の経験よりたち悪いです。だからこそこの医師は医師免許を剥奪されています。

またこの日本本の筆者は医師ではありません。しかもいろいろな意見に対して効く耳はないようです。(世古口裕司(せこぐち ゆうじ) ホメオスタシス総合臨床家

本当に巷にあふれるただのとんでも医療者が書いたとんでも本にすぎないのですが、これを朝日新聞が広告として載せる!それってインフルエンサーの血液クレンジングステマとどっちが責任重いの?これで健康被害が出ても朝日新聞は責任取らないの?

本当一度整理した方がいい。個別対応はもう限界だと思う。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  2. 2

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  3. 3

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  4. 4

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  5. 5

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  6. 6

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  7. 7

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  8. 8

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  9. 9

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  10. 10

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。