記事

ラグビーの「ノーサイド精神」から考えたい、グラウンドで泣きじゃくる高校球児のあり方 これこそW杯最大のレガシーではないか - 神田 洋

 日本が大健闘したラグビーのワールドカップ(W杯)が終わった。

 大会開催国の日本が得た最大のレガシーを問われたら、選手が試合後に見せたノーサイドの精神を挙げたい。ラグビーが重んじる敗者のあり方が、大規模な報道によって日本で広く知られるようになったのは良かった。スポーツの本質を考えるうえで欠かせないものであり、日本のスポーツ界に足りないものだからだ。

敗者スコットランドの堂々とした姿

 10月13日、日本に敗れて予選プール敗退が決まったスコットランドがフィールドに整列して花道をつくり、拍手で勝者を称えた。試合中に胸倉をつかみ合った田村優とリッチーが握手を交わした。ラグビー好きにはなじみの光景なのだろうが、普段ラグビー中継を、まして試合後のやり取りまで見る機会のない人には、敗者スコットランドの堂々とした姿が衝撃的だったはずだ。


スコットランド戦、ノーサイドの瞬間 ©JMPA

 過去8度のW杯で予選ラウンド突破7度の強豪が、一度も決勝トーナメントに進んだことのないアジアの国に敗れ、大会から消えた。スコットランドの落胆の大きさは想像できる。だが敗戦を嘆くような姿はなかった。所作が体に刷り込まれているのだろう。

 ゲーム主将のレイドローは、日本と健闘を称え合い、インタビューで「日本が素晴らしかった」と話し、その後観客席に向かってあいさつをする段になって涙を流した。

「ドーハの悲劇」に座り込む選手たちにラモスは……

 フランス文学者の蓮實重彦氏は、サッカー日本代表が1993年にW杯初出場を目前で逃したいわゆる「ドーハの悲劇」について語り、ラモス瑠偉が座り込む選手たちを立たせようとしていたことを指摘した。外国出身のラモスに、そのような振る舞いをされてしまったとして「本当に恥と言うほかない」と述べている(「スポーツ批評宣言 あるいは運動の擁護」青土社)。

 実際に映像を見ると、ラモスもその後座り込んではいる。ただ、立ってイラクの選手、監督と握手を交わす姿が見られたのは確かにラモスだけだった。ホイッスルが鳴ってから3分ほどたったころ、オフト監督が選手の間を回って立つように促し、そのさらに数分後に選手は立ち上がってピッチを離れた。

 勝利を義務付けられた一戦で敗れたスコットランドと、夢をつかみかけたところで現実を突きつけられた当時の日本のショックの度合いを比べるつもりはない。それでも、選手の振る舞いに天地ほどの差があるのは確かだ。

とにかく泣きじゃくる高校球児

 敗戦のドラマといえば、多くの人が高校野球を思い浮かべるだろう。高校球児はとにかく泣く。朝日新聞のデータベースで「泣きじゃく(る/った/り)」をキーワードに検索すると、2018年の1年間で74件がヒット。49件がスポーツの記事で、そのうち38件が高校野球である。それだけ高校球児が泣きじゃくっているのだ。

 高校野球の映像を確認すると分かる。両校整列になっても涙で(?)立ち上がれず、両脇を抱えられて列まで引きずられる投手。腰を折って泣きじゃくり続け、歩み寄る相手と握手することなくベンチへ引っ張られていく捕手。ある地方大会決勝の映像では、敗戦チームの内野手がグラウンドに伏して体をうねらせ、昭和の漫画の駄々っ子のように足をじたばたさせていた。球「児」と呼ぶ理由はこんなところにあるのかと思ってしまう。

 大学の講義で、高校球児の涙の理由を学生に問うと、必ずメディア批判が出てくる。メディアが選手の涙を商売にしているから、球児が泣くようになったというのである。涙をビジネスにしているのは事実だ。私も球児の涙について書いたことがある。だが、報道が涙の原因なわけではない。

100年前から泣いていた

 早大野球部の初代部長として米国遠征を実現させるなど、日本学生野球の黎明期に絶大な貢献をした安部磯雄は、「野球の三徳」という文章の中で「敗北したる場合に悔し涙を流すとか非常に塞ぎ込むとかいふことをしないこと」(坂上康博「にっぽん野球の系譜学」青弓社)とプレーヤーの心得を記している。1905年のことである。

 米国留学経験があり、本場の選手のプレーぶりを知る安部は、負けて涙にくれる学生を苦々しく思っていたのだろう。日本の球児は100年以上前から敗戦を嘆いていた。全国中等学校優勝野球大会(夏の甲子園大会)が始まったのが1915年だから、甲子園より涙の方が古いのである。

 涙は高校野球だけのものではない。歴史家のリチャード・マンデルは、1936年のベルリン五輪についての著書で日本の水泳陣に言及し「彼らは勝っても負けても泣いた」と記している(「ナチ・オリンピック」ベースボール・マガジン社)。リオデジャネイロ五輪の女子レスリング53キロ級決勝で敗れた吉田沙保里の姿は記憶に新しい。試合終了の合図と同時にマットに突っ伏して泣いたのは、伝統的な日本人選手の姿だったとも言える。

ただ悔しくて嘆いているなら問題外だ

 日本人の涙に興味を示した研究者がいる。日本文学者の故アイヴァン・モリス氏は、日本で涙は必ずしも弱さを示すものではなかったと論じた(「光源氏の世界」筑摩書房)。例えば主君の死を嘆く武士の涙は、悲嘆が心底からのものであることを表しているという。

 選手が敗戦直後に見せる嘆きは、そういったものがスポーツの世界に入り込んだ結果かもしれない。自分がどれだけ真摯に取り組んだかを外に向けて示す行為なのではないか。だとしたら涙は不要だ。すべてはプレーに表れる。

 ただ悔しくて嘆いているなら、もちろん問題外だ。思い通りにならないことがあったからといって泣きじゃくっていたら切りがない。

 近代競技スポーツは勝敗を争う。一方が勝てば、もう一方が必ず負ける。トーナメントになれば、最後の1人、1チーム以外は皆敗者となる。敗戦は避けられないものだ。だからどう負けるかが大切なのだ。

ラグビーにある「良き敗者」を生む仕組み

 英国の私立寄宿学校・ラグビー校で確立されたラグビーは、フィールド上のルールだけでなく、周辺文化も保持しながらゆっくりと世界に普及した。試合後の両チームによるパーティーであるアフター・マッチ・ファンクションを重視するなど社交の要素が強いのは、英国の特権階級がたしなんだ競技ならではだ。だが時代と階級を超えて社交の精神が伝わったことで、競争が優先される現代スポーツ界に「良き敗者」を生み出すシステムになった。

 私は学生時代、剣道部に所属していた。小学4年から大学まで13年間、試合場で敗戦を嘆く大げさな仕草を目にしたことはなかった。これは剣道選手が特別な人格だということではない。剣道にはルールブックに付随して「剣道試合・審判運営要領」というものがあり、その中の「終了」の項目が試合の終え方を定めている。中段の構えから蹲踞(そんきょ)して竹刀を納めることや、立ち上がって帯刀の姿勢で立礼の位置まで下がること、礼をするときは帯刀の位置より竹刀を下ろすことなどが細かく記されている。

 要は試合直後に敗戦を嘆く自由がないのだ。そしてこれだけの所作を済ませた後では、泣きじゃくるより、静かに反省することになる。「形」が感情をコントロールし、良き敗者を生むシステムとなっている。

 悲惨な負け方を繰り返していた私は、剣道の決まり事に縛られていなかったら、床に倒れこんで泣いていたかもしれない。剣道が持つシステムによって尊厳を持って敗戦に向き合えたのだと思う。

 高校野球に、もし整列と校歌斉唱がなかったら、どこまで悲劇の“劇場”が続くのだろうと思うことがある。敗戦を堂々と受け止めるよう選手を導くには、子ども時代から試合後の所作を身に付ける教育が必要で、剣道ほどがんじがらめにしないにしても、ある程度の決まり事はあった方が良い。敗戦を嘆いても何も生まれない。敗戦を何につなげるかは各自に委ねられていて、少年スポーツはその土台を提供しなくてはならない。

堂々たる敗者

 この夏、琉球朝日放送の取材による沖縄・興南高野球部のドキュメンタリー映像を見た。同校の我喜屋優監督は、選手を前に「甲子園大会が終わって敗戦のヒーローのごとく泣きじゃくる選手を見た時にとてもがっかりする」と話し、「勝とうが負けようが前を向いて」と静かに語り掛けていた。

 興南高は地方大会の決勝で延長13回を戦い、沖縄尚学高に敗れた。選手は表情を崩すことなく整列し、勝者を握手で称え、涙はロッカーに戻って流した。そして球場の外で沖縄尚学高を待ち受け、笑顔でエールを送り、2チーム合同で記念写真に収まったのだった。

 2010年に甲子園大会で春夏連覇を果たした興南高の強さは、敗戦に正対するこういった姿勢と無関係ではあるまい。高校球界にこういうチームがあることを記しておきたい。ラグビーのスコットランド代表に比肩する堂々とした所作だった。

(神田 洋)

あわせて読みたい

「高校野球」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  3. 3

    貧困シングルマザー生む単独親権

    田中俊英

  4. 4

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  5. 5

    HDD流出 騙しで揺らぐ信用業務

    自由人

  6. 6

    オタク差別扇動? 社会学者に呆れ

    狐志庵

  7. 7

    できる人の当たり前 通じぬ人9割

    藤沢数希

  8. 8

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  9. 9

    「人のせいにする」ことの大切さ

    紫原 明子

  10. 10

    歳費の返納 拒否議員が大量判明

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。