記事

ネット右翼、ネトウヨとはどんな人たち?モチベーションは?その規制の必要は?

1/2

「世界文化遺産を燃やした犯人は朝鮮半島人or在日朝鮮人」「普通の日本人ならやらないような半島人によるバチ当たりな寺神社放火」

 首里城の火災に日本中が悲しみに包まれる中、SNS上に書き込まれたデマ。このような言説を含め、中国人や韓国人、あるいは政権を批判するメディアや言論人などに対しヘイトともいえる誹謗中傷を繰り返す人たちを「ネット右翼」、通称「ネトウヨ」と定義し、厳しい対応の必要性を求めるのが、自身も“元ネトウヨ”だという文筆家の古谷経衡氏だ。



11日放送のAbemaTV『AbemaPrime』では、古谷氏の議論をベースに、ネット右翼の問題とその対策について考えた。

■「ネット右翼」とは何なのか


まず、古谷氏の想定する「ネット右翼」について詳しくみていこう。

 古谷氏は「世論調査をすると、中国や韓国については4~6割くらいの人が嫌っているという結果が出るが、それらの人が直ちにネット右翼だというわけではなく、“保守系言論人”と呼ばれている人たち、要するに歴史修正主義者によるデマと差別の塊のようなSNSや動画の意見を無批判にコピペし、拡散する存在がネット右翼だと考えている。彼らは“普通の日本人だ。右でも左でもない”と主張し、“ネトウヨ”と言われると怒り、“ネット保守”と言われると喜ぶ」と規定。

また、「2012~2013年にかけて独自に調査した結果」だとして、番組が街で取材をしたときに聞かれた「無職、メガネ、ハゲ、デブ、ムッチャ髪長い」といった人物像を否定、独自のネット右翼像を次のように描写する。

「彼らは後から知った“ネットde真実”を他人にも教えなければ日本が良くならないという、強烈な使命感でやっている。そして中国人、韓国人に対する人種差別的な発言を恒常的にしているというのも重要な点で、実際に韓国、中国に行っている人はほとんどいない。15年くらい前まではデブのワーキングプアが時間を持て余しているというイメージを持たれていたが、僕の会った範囲ではそういう人が全然いない」。


こうした見方に対し、ひろゆき氏は「高齢者の中には差別的な意識のないまま、国籍を一括りにして“何とか人”という言い方を日常的にしているもいる。子ども向けのアンパンマンも勧善懲悪だし、水戸黄門も勧善懲悪だが、外国人さえいなければ日本は夢の国になるんだと信じてしまっているという部分があると思う。だから八つ当たりというよりも、危機感を感じて、今の状況を良くしたい。そのために敵を倒す、戦うということなのではないか。そして、“正義”を主張して日本の足を引っ張っている人も多い気がする。貿易を盛んにした方が経済的には良くなるのに、韓国人の旅行客は来なくていい、というようなことをネット上に書いている」とコメント。

あわせて読みたい

「ネット右翼」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  3. 3

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  5. 5

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  7. 7

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  8. 8

    円安加速でも消費税廃止訴えるか

    青山まさゆき

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    検察官定年延長は「違法」決定か

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。