記事

「ユダ公」「混血」と罵る白人至上主義者のアカウントが今も消えない理由

右派勢力(オルト・ライト)のリーダー、リチャード・スペンサー氏(Photo by AP/Shutterstock)

米現地時間11月4日、白人至上主義者のリチャード・スペンサー氏のものとみられる極秘音声が、右派勢力(オルト・ライト)の仲間の一人マイロ・ヤノプルス氏のYouTubeチャンネルで公開された。

2017年夏に録画されたとみられる映像の中でスペンサー氏は、抗議デモの参加者1名が死亡したシャーロビルの極右連合集会Unite the Rightに言及しながら、人種や民族を侮辱する言葉を叫んでいた。

「我々はこの場所に何百回も戻ってくる」と、スペンサー氏と思しき人物の声。明らかにシャーロッツビルのことを指している。「本当に腹立たしい。この連中には心底腹が立つ」。やがて声の主はシャーロッツビルの抗議デモ参加者を「チビのユダ公」「混血野郎」呼ばわりし、「あいつらクソどもは私の祖先の奴隷だった」と喚いた。

Twitterでは問題の音声が広く拡散したが、これぞスペンサー氏のイメージの裏に白人至上主義的な考えが潜んでいるなによりの証拠で、彼の本性がついに暴かれたという意見が大半だった(スペンサー氏は音声の真偽に関して公式声明を出していないが、代わりに「Never Apologize(絶対に謝罪しない)」というタイトルで、極右コメンテイターのジョナサン・ボウデン氏のスピーチ音声をツイートした。ローリングストーン誌のコメント取材依頼に対し、スペンサー氏からの返答はなかった)。

オルト・ライトの重要人物の1人、スペンサー氏が最初に頭角を現したのは、民族純化やいわゆる平和的民族浄化といった白人ナショナリストの原理への支持がきっかけだった。だが彼は、確かな学歴と生真面目な風貌のおかげで、メインストリームでもそこそこ顔が知られるようになった点で、他の白人至上主義者とは一線を画している。その結果、多くのメインストリームのメディアがスペンサー氏を情報源に起用し、彼に主張の場を与えてしまった。

極右主義を研究する専門家らも、ヤノプルス氏がリークした音声は必ずしもあの場の雰囲気を非難しているわけではなく、オルト・ライトのトランプ支持派と、スペンサー氏率いる過激な連中との間で高まりつつある内部抗争の副産物だと指摘している。

スペンサー氏は「オルト・ライトは2020年大統領選挙でトランプ氏と決別すべきだ」と主張しているからだ。この辺の経緯は、アナーキスト系ニュースサイトIts Going Downのスレッドで詳しく説明されている。同サイトの編集者ジェームズ・アンダーソン氏によれば、スペンサー氏とヤノプルス氏が親密だった時期もあるようだが、だとしても今回の音声公開はヤノプルス氏の心変わりではなく、むしろ彼が中指を立てたとみるのがふさわしい。だが今回の件で、別の問題も持ち上がった。SNSがヘイトスピーチの制限にどこまで責任を取るべきかという議論が高まる中、そもそも自他ともに認める人種差別主義者のスペンサー氏のアカウントが、なぜいまだにTwitter上で健在なのだろうか?

Twitterはスペンサー氏がヘイトグループと関連している事実は見当たらないと声明

この問題はもう何年も、ジャーナリストや左派活動家から様々な形で疑問視されてきた。たしかに、ウォールストリートジャーナル紙の報道によれば、2016年にTwitterのジャック・ドーシーCEOは、スペンサー氏をはじめアレックス・ジョーンズ氏といった主要な極右人物をプラットフォーム上から排除するという当初の決定を撤回したと言われている(結局ジョーンズ氏は2018年に、ローラ・ルーマー氏やギャビン・マッキネス氏とともに排除された)。

Twitterはこの報道を否定しているが、昨年Voxからスペンサー氏がまだプラットフォーム上に残っている理由を尋ねられると、Twitterの広報担当者はこう答えた。「我々は、(スペンサー氏の)排除に至るようなコンテンツ報告を受けていません」。さらに、スペンサー氏がヘイトグループと関連している事実は見当たらないとも述べた(Twitterのガイドラインによれば、ネット上か否かを問わず、市民に対する暴力を行使および/または推奨していることが判明した集団と関りのある人物は、いかなる者もTwitterのポリシーに違反したとみなされる)。

しかし、この主張は明らかに正しくない。スペンサー氏は白人至上主義者の組織、全米政策研究所の会長であり、この組織は南部貧困法律センター(SPLC)からヘイトグループに分類されているのだから。「Twitterが言うところの(ヘイトスピーチに関する)ポリシーに基づけば、彼がいまだTwitterに残っていることは信じられません」と言うのは、SPLCの上級分析官ハワード・グレイヴス氏。彼曰く、SPLCは2015年からずっとスペンサー氏のツイートに苦情を申し立てている。

たしかにスペンサー氏はTwitter上で、比較的控え目ではあるが、7万7000件という十分な数のフォロワーを獲得しており、Twitterの利用規約を回避するべく共同戦線を張っているようだ。彼の投稿のほとんどはリツイートで(「リツイートは支持とは見なさない」という非公式な見解から拝借したと思われる戦略だ)、極右思想を推進してはいるものの、Twitterの公式ガイドラインでヘイトスピーチとみなされるような意見や暴言を彼自身がツイートすることはほぼ皆無だ。「彼は実に慎重です」と言うのは、シラキューズ大学ニューハウススクールでコミュニケーション学を教えるジェニファー・グライゲル助教授だ。「彼はTwitterのポリシーに違反していないと見せかけつつ、フォロワー数を増やしています」

音声をリークしたのは影響力を保ち続けようとしたから?

そうした戦略は、スペンサー氏のこざっぱりしたメディアでのイメージとまさしく一致する。そのイメージゆえに、メインストリームのメディアは彼を白人至上主義の「粋な」代弁者と位置づけ、アトランティック紙のような名だたる出版社さえも、極右活動のシンボルとして彼の特集を組んだ。「こうした報道にいら立ちを覚える理由のひとつは、(極右グループ内で)話し合われている内容が、陳腐な見栄えのよさの陰に隠れてあやふやになってしまうことです」とグレイヴス氏は指摘する。たとえ「話し合いの中心になっていることが、まさに今回の音声で明るみになった内容だとしても」

スペンサー氏は、Twitterの利用規約に違反して追放された元極右同志がたどった運命からも教訓を学んだようだ。とくにヤノプルス氏は、Twitterから除外対象とされたために収入が激減したという不満をあからさまにし、その後は主に暗号化メッセージアプリTelegramで投稿を続けていた。現在、極右活動内でのヤノプルス氏の「株はがた落ち」で、音声をリークしたのは「影響力を保ち続けようとする、ひねくれた個人の小細工です」と、グレイヴス氏は言う。

ヤノプルス氏がオルト・ライトの内輪もめをエスカレートさせようとしただけでなく、Twitterの検閲ポリシーが恣意的であることを強調するために、スペンサー氏とおぼしき音声をリークした可能性もある(確かに、ヤノプルス氏は最初に音声を投稿したサイトFreeSpeech.tvで、元K.K.K.の導師デーヴィッド・デューク氏もTwitterアカウントを持っていることを指摘し、この点を暗に仄めかしている)。だが、ヤノプルス氏自身の意図がこの主張をまさに裏付けているとしても、そう感じているのは彼だけではない。2020年の大統領選挙が間近に迫る中、偽情報やヘイトスピーチの推奨に対するソーシャルメディアの役回りに詮索の目がますます向けられている。

先月、Facebookのマーク・ザッカーバーグ氏は下院議会の公聴会で、政治広告の事実確認を行わないという決定を弁護した。これに対抗するかのように、Twitterはあらゆる政治広告を禁止する方針を打ち出した。左派からは、プラットフォーム上の有害な対話を撲滅するうえで正しい一歩を踏み出したと絶賛された――だがごく一部の人々も指摘しているように、有害な広告はTwitterにとって大した問題ではない。むしろ、スペンサー氏のような有害なユーザーこそが問題なのだ。

このような議論の真っただ中、各プラットフォームは保守派に偏見的だというレッテルを張られまいとして(何を隠そう、大統領自らこうした主張を扇動している)、ソーシャルメディアはこうしたコンテンツを規制するべきだという主張を交わしている。「我々は、ソーシャルメディア企業がメディア環境や規制の枠組みの中でどうあるべきか、結論を下すべき時期を迎えています。現在各プラットフォームは(通信品位法第230項に基づく)安全圏を失わないよう、細心の注意を払っているのです」と言ってグライゲル助教授は、プラットフォーム上のコンテンツに対するIT企業の責任をおおむね免除する法律に言及した。

「ユダ公」「混血」と罵ることは、ヘイトグループとの親和性の証だと見なされないのだろうか? この点についてローリングストーン誌はTwitterにコメント取材を申し出たが、いまだ返答はない。同社が反保守派だと叩かれるのを恐れる限り、スペンサー氏のTwitterアカウントは今日もまた存在することになりそうだ。

あわせて読みたい

「人種差別」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    豊田章男氏が断言「雇用を守る」

    片山 修

  2. 2

    緊急事態宣言も緊迫感ない芸能界

    渡邉裕二

  3. 3

    コロナより東京五輪重視したツケ

    WEDGE Infinity

  4. 4

    東京都が休業を要請する施設一覧

    AbemaTIMES

  5. 5

    給付制度に橋下氏「分からへん」

    橋下徹

  6. 6

    反日中国人にも愛される蒼井そら

    PRESIDENT Online

  7. 7

    国民の理解得ぬコロナ議論は不毛

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    石破氏 緊急事態煽る報道に疑問

    石破茂

  9. 9

    野党共闘を牽引する山本太郎氏

    内田樹

  10. 10

    どうぶつの森を使い中国に抗議か

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。