記事

香港抗議でも 警官発砲21歳重体

香港島東部・西湾河の地下鉄駅前で、昨日11日朝、道路に障害物を置くなど抗議活動をしていた若者たちに向けて、警官が実弾3発を発砲し、21歳の男性が重体となっています。病院で緊急手術を受けた、ということです。

警察は11日「警官が脅威を感じたため発砲した。事前に警告する時間はなかった」として、発砲を正当化しました。目撃した男性は「撃たれた人は武器も持っていなかった。撃つ必要があるのか」と怒りをあらわにした、と報じられています。映像や写真を見ても、丸腰のデモ参加者に、至近距離から警察がためらいもなく発砲していることが、わかります。

この状況に、香港社会には衝撃が走り、香港島の金融街でも抗議が行われた、とのこと。香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が、4日に中国の習近平国家主席と会談した際に、習氏は、「法に従って暴力を止め、処罰する」よう求め、混乱の収束に向けて香港政府に発破をかけた、と伝えられています。これによって、香港当局は、デモ対応を強化し、立法会(議会)の審議を妨害したとして、民主派議員などの逮捕・訴追をするなど、締めつけを強めています。

香港・新界地区では、4日未明に、香港政府などへの抗議活動が行われていた際に、現場近くの駐車場ビルから転落して重体になっていた男子大学生が、8日死亡しています。警官隊が発射した催涙弾を避けようとして落下した疑いがあるとデモ隊側は主張しています。香港で大規模なデモが始まってから5ヶ月が経っています。

中国への容疑者引き渡しが可能になる逃亡犯条例案への反発から始まり、9月に条例案が撤回されても、民主派は普通選挙の実施、警察の暴力を調べる独立委員会の設置、逮捕されたデモ参加者(3千人を超える)の釈放などを求め、抗議活動を続けています。

中国に対する運動になってきていますが、習氏は、香港の民主化の抑え込みに向けた法整備を進め、国家分裂行為を禁じる国家安全条例を制定するよう香港政府に迫っています。このように中国が介入すればするほど、抗議デモは激しくなり、さらに死傷者が出ることが危惧されます。

今月24日に行われる区議会(地方議会)選挙で、民主派が過半数に迫る勢いなのに対して、民主派への妨害があらわになっている、ということで、これも心配されています。一国二制度を危うくする、人権に関わる中国の対応に、国際社会が声をあげることで、自由を求める若者たちを支援できればと思います。

あわせて読みたい

「香港デモ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国内外で「ナカムラ」の死悼む声

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    野村克也氏「イチローは超一流」

    幻冬舎plus

  3. 3

    年収10倍のマイホーム購入は危険

    内藤忍

  4. 4

    韓国で成功諦める低所得層の実態

    ロイター

  5. 5

    韓国より低成長 認めぬ安倍首相

    PRESIDENT Online

  6. 6

    口座手数料より銀行がすべきこと

    内藤忍

  7. 7

    次期首相候補 石破氏支持が躍進

    ロイター

  8. 8

    馬毛島の買収は高評価されて当然

    原田義昭

  9. 9

    よしのり氏 中村医師の死は残念

    小林よしのり

  10. 10

    森ゆうこ氏の情報漏洩は人権侵害

    塩崎恭久

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。