記事

会ったことのない富豪の子を妊娠?Twitterで話題の「養育費2億円」ソースは“嘘ニュース”だった

「養育費2億円」という言葉がTwitterでトレンド入りし、大きな話題になっている。

発端となったのはニュースサイト「GIGAZINE」に掲載された「会ったこともない億万長者の子どもを産んだ女性が養育費2億円をゲット、その驚きの方法とは?」という記事。

会ったことのない男性の子どもを妊娠?

この中では、アメリカの裁判所が28歳の億万長者の男性に対し、40歳の元ホテル勤務の清掃員である女性に「子どもの養育費」として200万ドル(約2億1810万円)の支払いを命じたというニュースが紹介されている。

Photo by Reproductive Health Supplies Coalition on Unsplash

記事によると、女性は働いていたラスベガスのホテルの一室のゴミ箱から億万長者の使用済みコンドームを発見。残った精液を自分の膣に流し込んで、その後男児を出産したという。

女性は「首尾良く”億万長者との間に生まれた子どもの保護者”としての地位をゲット」し、男性の弁護士は対抗する姿勢を見せていると伝えられている。

SNS上では「逆レイプだな」「怖すぎる」など、衝撃的な内容に驚きの声が上がった一方で、「嘘くさい」などと信ぴょう性を問う声も出ていた。

フェイク判定サイトも「Not True」

このニュースは「Ihlaya News」というサイトに最初に掲載され、掲示板サイトredditやFacebook上で拡散した。

Ihlaya NewsのFacebookページを見てみると、紹介文として「IHLAYANEWS.com IS A NEWS PARODY AND SATIRE WEBSITE」、つまりパロディニュースと風刺のサイトだと記載されている。

大手フェイクニュース判定サイト「TruthOrFiction.com」は、Ihlaya Newsのヘッダーを根拠に「Not True」と判定。その根拠として、ヘッダーに書かれた「nuusparodie waarvan jy hou」というアフリカーンス語の一文を紹介している。

ihlaya news

翻訳すると、

news parody that you like(みんなが好きなパロディーニュース)

という意味になるという。また「Ihlaya News」というサイト名がズールー語で”crazy person news(クレイジー・パーソン・ニュース)”を意味することも指摘した。

GIGAZINEも後に「海外のパロディニュースが複数のフォーラムやニュースサイトを巡る内に本物のニュースのように扱われるようになってしまった模様」だとし、記事は「完全なフィクション」だったと追記している。

あわせて読みたい

「フェイクニュース」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    緊急事態の効果示したテレ朝番組

    水島宏明

  2. 2

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  3. 3

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  4. 4

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

  5. 5

    飲食店苦境「家賃、人件費重い」

    東龍

  6. 6

    NY化近づく東京 野党の姿勢危惧

    青山まさゆき

  7. 7

    東京感染者 4日で倍増すれば危険

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  9. 9

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  10. 10

    緊急事態宣言へ 7都府県で1か月

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。