記事

原口国対委員長「貿易協定の情報開示、日米でどれだけ違うか」


 原口一博国会対策委員長は12日、国対役員会後に記者会見を開き、日米貿易協定の交渉経緯をまとめた資料が衆院外務委員会で提出されていないことに触れた。米国では超党派議会貿易優先権説明責任法に基づいて議会に情報開示して説明していることに「日本と米国がどれだけ違うか指摘したい」と強調した。

 萩生田文科大臣の「身の丈」発言について、「絶対に許せない。教育の土台を揺るがす発言だ」と力を込めた。大学入学共通テストの英語民間試験導入延期に加えて、国語・数学の記述式導入についても、「採点するにはアルバイトでなく、専門の教育が必要ではないかというくらい難しい」と述べ、集中審議を求めていく考えを示した。

 他に、総理主催「桜を見る会」追及チームを今日開き、「桜を見る会」に関する資料の保存期限が本当に1年未満であるのか等を総務省をはじめ管轄する府省庁に確認することを報告した。

あわせて読みたい

「日米貿易協定」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米議事堂襲撃 副大統領は間一髪

    WEDGE Infinity

  2. 2

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  3. 3

    菅首相は玉木氏提案を受け入れよ

    早川忠孝

  4. 4

    「病床に余力」医師提言に課題も

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    家計が炎上した年収1000万円夫婦

    PRESIDENT Online

  6. 6

    広島県の大規模PCR検査は愚行

    青山まさゆき

  7. 7

    非現金決済は差別? 米社会で変化

    後藤文俊

  8. 8

    五輪判断 どう転んでも政府苦境

    内藤忍

  9. 9

    時短従わぬ店への過料は「違憲」

    猪野 亨

  10. 10

    総額6.7兆円 不良債権回収の苦難

    BLOGOS編集部PR企画

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。