記事

【福島原発かながわ訴訟】闘いの場は東京高裁へ。12月20日控訴審開始~原告や支援者が横浜でシンポジウム「つらいが、原発事故を再び起こさぬためにも闘う」

1/2

2011年3月の原発事故で神奈川県内に避難した人々が国と東電を相手取って起こした「福島原発かながわ訴訟」(村田弘原告団長)の控訴審が12月20日、東京高裁で始まる。今年2月に横浜地裁で言い渡された判決を一定程度、評価しつつ、賠償額の低さや低線量被曝リスクの軽視など不十分な点が多いとして控訴していた。11日夜には原告や支援者が横浜市内に集まり、約1カ月後に再び始まる司法の場での闘いに改めて団結を確認した。争いの舞台は横浜地裁から東京高裁へ。低線量被曝による健康リスクと完全賠償を求めて、原告たちは再び法廷に立つ。



【「司法の場で闘う他に手段無い」】

 「私たちは人生設計などを大きく狂わされたまま、被害が回復されないまま、来春には事故から9年になろうとしています。国の政策による〝第二の被害〟が続いているのです。それが典型的に表れているのが区域外避難者(いわゆる〝自主避難者〟)への住宅無償提供打ち切りであり、国家公務員宿舎から退去しない避難者への家賃2倍請求、追い出し訴訟です。住まいは生活の根幹なのです。出来る限り訴えてきたつもりですが、今なお継続している被害の深さを横浜地裁の裁判官には理解してもらえていません」

 原告団長の村田弘さん(福島県南相馬市小高区から神奈川県横浜市に避難継続中)は怒りを押し殺すように話した。横浜地裁判決は確かに、国や東電の責任を認め、中間指針を上回る賠償額を認めた。しかし、避難指示の有無による格差が依然として大きいなど、課題も残った。

 「日本はなんて、人権や人命をお金に換算する時の金額が安いのだろう。判決文を読みながらそう思いました。帰還困難区域からの避難者に対する認容額は1500万円です。金額の根拠になっているのは交通事故に対する損害賠償。交通事故で一家の中心になっている人が亡くなった場合は1500万円なんです。それを引き合いに出して、帰還困難区域は1500万円が相当だと判決文に書いています。本当にそれで良いのでしょうか。さらに、区域外避難者に対する賠償金は30万円ですよ。これで良いと考えている司法が私には信じられません。被害の大きさは、こんな金額では表せないはずです。とても理解出来ないし、納得出来ません」

 控訴審で地裁判決を乗り越えられる自信など無い。しかし、司法の場で争う以外に方法は無い。

 「あらゆる知恵を絞って立証して来て出されたのがこの判決です。これを破るのはなかなか大変だなという想いがしています。しかし、これが定着するという事は『これだけの事故を起こしても10年経てば皆おとなしくなるんだ』という新しい〝安全神話〟をつくらせる元になってしまうのではないかと思うんです。少なくとも10倍以上の全うな賠償を獲得しない限り、国や東電は反省しないのではないでしょうか。難しいけれど、それを目指して高裁で被害を訴え続けていきたいと考えています。国や東電の姿勢が変わらないのであれば、司法の場で闘うしか他に手段がありません」

 村田さんは自らに言い聞かせるように言った。

 「これを認めてしまったら、必ず将来、同じ事が起きますよ。私たちが味わった想いを、他の人には味わわせたくないのです。その一点で、つらいですけど、命ある限り頑張っていかなきゃいけないなと考えています」

原告団長の村田弘さん。シンポジウムでは「これを認めてしまったら、必ず将来、同じ事が起きますよ。私たちが味わった想いを、他の人には味わわせたくないのです。その一点で、つらいですけど、命ある限り頑張っていかなきゃいけないなと考えています」と語った=横浜市のかながわ県民センター

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoToなぜ今か 政府は説明すべき

    青山まさゆき

  2. 2

    れいわ10万円配布案の効果に疑問

    猪野 亨

  3. 3

    河野大臣「朝日社説は誤解招く」

    河野太郎

  4. 4

    党規約が緩すぎるれいわ新選組

    田中龍作

  5. 5

    ワクチン開発に本庶佑氏は否定的

    文春オンライン

  6. 6

    発展に疲弊 シンガポールの若者

    後藤百合子

  7. 7

    五輪特需という支えを失った日本

    ビデオニュース・ドットコム

  8. 8

    家族解体 背景に一夫一妻の限界

    文春オンライン

  9. 9

    山里がコロナ禍で感じた強い芸人

    ABEMA TIMES

  10. 10

    市長自殺 命落とす韓国の政治家

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。