記事

世界初のセラピー豚、サンフランシスコ空港で旅客癒す


[サンフランシスコ 11日 ロイター] - 米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港では、旅客のストレスを軽減するため、世界初とされる空港セラピー豚「リルー」が活躍している。

リルーは5歳で、ジュリアナピッグという種類の豚。リルーと飼い主のタチアナ・ダニロワさんは、空港が導入した動物セラピープログラム「ワグ・ブリゲード」に参加している。このプログラムは、旅客を元気にし、空の旅に伴うストレスを緩和することを目的としており、犬を始めさまざまなセラピーアニマルたちが採用されている。

リルーはパイロットの帽子をかぶり、ひづめに真っ赤なマニキュアをほどこした姿で、空港の出発ゲートで活動する。リルーは足を上げて挨拶したり、セルフィー(自撮り)に応じたりと大活躍。ときには足や鼻を使っておもちゃのピアノを演奏し、旅客を和ませている。

リルーは、空港で任務に就いていないときは、飼い主のダニロワさんとともにサンフランシスコのダンウンタウンのアパートで生活している。リルーは、有機野菜やプロテインペレットの餌を食べ、専用のベッドで眠り、近所を毎日散歩するという。

空港のゲストサービスマネジャー、ジェニファー・カザリアンさんは、リルーは空港で活動するセラピー豚としては世界初だと説明。「私達がプログラムを始めたとき、主な目的は旅客のストレスを和らげることでした。でも、効果はそれだけではなく、旅客との絆も生まれました。すばらしい体験です」などと語っている。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    米医の「コロナ99%予防」に感心

    原田義昭

  2. 2

    春節が日本での感染爆発防いだか

    岩田健太郎

  3. 3

    朝日は布マスク記事を撤回せよ

    青山まさゆき

  4. 4

    志村さん 最後の収録と夜遊び姿

    NEWSポストセブン

  5. 5

    迅速な現金給付を阻む野党に疑問

    宮崎謙介

  6. 6

    電車内の感染 特定できないだけ?

    諌山裕

  7. 7

    朝日の布マスク報道に感じる悪意

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    30カ国からアビガン要望 提供へ

    ロイター

  9. 9

    放送休止求めるテレビ現場の本音

    BLOGOS しらべる部

  10. 10

    緊急事態宣言できない理由を考察

    長谷川一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。