記事

世界初のセラピー豚、サンフランシスコ空港で旅客癒す


[サンフランシスコ 11日 ロイター] - 米カリフォルニア州のサンフランシスコ国際空港では、旅客のストレスを軽減するため、世界初とされる空港セラピー豚「リルー」が活躍している。

リルーは5歳で、ジュリアナピッグという種類の豚。リルーと飼い主のタチアナ・ダニロワさんは、空港が導入した動物セラピープログラム「ワグ・ブリゲード」に参加している。このプログラムは、旅客を元気にし、空の旅に伴うストレスを緩和することを目的としており、犬を始めさまざまなセラピーアニマルたちが採用されている。

リルーはパイロットの帽子をかぶり、ひづめに真っ赤なマニキュアをほどこした姿で、空港の出発ゲートで活動する。リルーは足を上げて挨拶したり、セルフィー(自撮り)に応じたりと大活躍。ときには足や鼻を使っておもちゃのピアノを演奏し、旅客を和ませている。

リルーは、空港で任務に就いていないときは、飼い主のダニロワさんとともにサンフランシスコのダンウンタウンのアパートで生活している。リルーは、有機野菜やプロテインペレットの餌を食べ、専用のベッドで眠り、近所を毎日散歩するという。

空港のゲストサービスマネジャー、ジェニファー・カザリアンさんは、リルーは空港で活動するセラピー豚としては世界初だと説明。「私達がプログラムを始めたとき、主な目的は旅客のストレスを和らげることでした。でも、効果はそれだけではなく、旅客との絆も生まれました。すばらしい体験です」などと語っている。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  4. 4

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  5. 5

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  6. 6

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  7. 7

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    なぜリベラリズムは生き残るのか

    SYNODOS

  10. 10

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。