記事

混乱続く香港、警察が金融街や大学で再び催涙ガス噴射 逮捕者拡大


[香港 12日 ロイター] - 香港では12日、警察当局が金融街の中環(セントラル)や2大学の構内で催涙ガスを噴射するなど、警官がデモ隊に実弾を発砲した前日からの混乱が続いた。

活動家は、香港島中心部の中環(セントラル)のほか、観光客で賑わう九竜地区、尖沙咀の繁華街に集まるよう人々に呼びかけ。

セントラルでは、前日に続き1000人以上が集まり、道路を封鎖。「自由のために戦おう」「五大要求は一つも欠けてはならない」などと叫んだ。デモ隊が分散すると、警察は畢打街(ペダーストリート)で残っていた一部の参加者に対し催涙ガスを噴射。十数人を逮捕した。

セントラルでは前日にも、昼休みの時間帯に道路を封鎖した一部の抗議デモ参加者に対して警官が催涙ガスを使用した。

銀行や宝飾店などが軒を連ねるセントラルでは12日、大半の店舗がシャッターを閉めていた。

警察はまた、活動家が火炎瓶やれんがを警察に向けて投げていた香港城市大学や香港中文大学でも催涙ガスを噴射した。

警察の発表によると、前日の逮捕者は260人を超え、デモがエスカレートした6月以降の逮捕者総数は3000人を超えた。

警察の広報担当者は過去2日間混乱について、「われわれの社会は完全な機能停止の瀬戸際に追いやられている」と語った。

また、11日に火をつけられた男性が依然として重体だと明らかにし、火をつけた犯人に関する情報提供を呼びかけた。

12日も一部地下鉄の運休や道路の封鎖は解消されなかった。機動隊が香港全土の地下鉄駅の警備に動員される中、朝の通勤時間帯には駅で電車を待つ人の長い列ができた。

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は12日、香港を「麻痺」させようとしているデモ隊は極めて身勝手であり、すべての大学・学校は学生に暴力行為への関与をやめさせるべきだと主張した。

米政府当局者は11日、香港で発生したデモ隊と警察の衝突について、「殺人兵器の不当な使用」があったとして非難するとともに、警察とデモ隊の双方に事態の段階的な収拾を呼びかける声明を発表した。[nL4N27S0D9]

米国務省報道官は、中国に対し、香港に高度な自治を認める義務を履行すべきだと表明。表現の自由や平和的な集会など人権が守られるべきとの認識を示した。

中国の英字紙チャイナ・デーリーは11日、香港での暴力行為を非難する社説を掲載。「香港の裁判官は寛容だ」とし「(デモ参加者に)緩い条件で保釈申請を認め、極めて軽い判決しか下さないことも、非人道的なテロ行為を促す要因となっている」と指摘した。

*情報を追加しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  5. 5

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  6. 6

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  7. 7

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  8. 8

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  9. 9

    相次ぐ「GoTo外し」観光庁に疑問

    木曽崇

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。