記事

ムーディーズ、2020年世界ソブリン格付け見通し「ネガティブ」に


[ロンドン 11日 ロイター] - 格付け会社ムーディーズは11日に発表した格付け対象の世界142カ国に関するリポートで、2020年の世界のソブリン格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。

世界で政治状況の不透明感が広がっており、成長の鈍化や経済・金融のショックが起こるリスクを増大させるとの判断で、具体的には予見不可能な政治、貿易戦争、敵対的な環境を今回の格付け見通し引き下げの主な要因として挙げた。

同社は「予見不可能な環境では、成長とクレジットリスクは下方に傾いている」とし、「明るい兆しはほとんどなく、悪化リスクが高まるのみ」と指摘。「予見不可能な政治は予見不可能な経済と金融環境を生み出す」とした。

最大の懸念は米中貿易摩擦だが、ペルシャ湾、日・韓、インド・パキスタン、米・欧州連合(EU)、英・EUの間でも成長を阻むような緊張は高まっている。

関税引き上げの貿易への影響など、こうした緊張の一次的影響は必ずしも深刻ではないが、投資や資本フローへの連鎖的な影響は短期的にも中期的にも地域全体の成長見通しを悪化させかねない。

20カ国・地域(G20)の2020年の成長率は2.6%程度でとどまり、18年の3%を下回ると見込んでいる。

ムーディーズはすでに英国、南アフリカ、インド、メキシコ、トルコ、香港に対して格下げの可能性を警告している。

香港、シンガポール、アイルランド、ベトナム、ベルギー、チェコ共和国、マレーシアなど、世界のサプライチェーンに組み込まれ、成長を貿易に頼る国は国内経済の減速に直面する。

一方、レバノン、モンゴル、チュニジア、パキスタン、スリランカ、アルゼンチン、トルコなど大幅な経常赤字に陥り、外部資本への依存度の大きい国は金融ショックに最もさらされている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    都の感染者が3865人のからくり 検査数が増えれば陽性者数も増える

    諌山裕

    07月30日 13:07

  2. 2

    「2021年になって未だに?」 NHKきっかけに日本のFAX文化が世界に 海外からは驚きの声

    BLOGOS しらべる部

    07月29日 17:14

  3. 3

    もう、オリンピック・ムードに浸り続けるのは無理なんじゃないかな

    早川忠孝

    07月30日 08:37

  4. 4

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    なぜ無効な政策をいつまでも続けるのか?

    青山まさゆき

    07月30日 16:11

  7. 7

    「桜を見る会」不起訴処分の一部を不当に 検察審査会法の改正は司法改革の大きな成果

    早川忠孝

    07月30日 19:09

  8. 8

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  9. 9

    五輪で弁当4000食廃棄にショック 河野大臣も驚きのけぞる

    柚木道義

    07月30日 10:28

  10. 10

    表現の自由を侵害? ネットフリックスなどへの規制に向かうイギリス

    小林恭子

    07月30日 13:34

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。