記事

女子ゴルフ暴言騒動 背景に岡本綾子氏と協会幹部との距離感

女子ゴルフ界のレジェンドが告発した(写真/共同通信社)

日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長(写真/共同通信社)

 その内容もさることながら、騒動が明らかになる経緯も異例だった。女子ゴルフ日本ツアーの「NOBUTA GROUPマスターズGCレディース」(10月24~27日)で人気プロ・笠りつ子(りゅうりつこ・32)が起こした「死ね暴言」問題だ。

【写真】日本女子プロゴルフ協会の小林浩美会長

「トラブルは初日のスタート前に起きた。ゴルフ場の風呂場の脱衣所にバスタオルがなかったことが発端。朝は脱衣所でストレッチをする選手が少なくないが、その時に床に敷いて使ったタオルを持ち去ってしまうことが多く、この大会では主催者側がLPGA(日本女子プロゴルフ協会)と話し合って事前に撤去していた。

 そのことが選手側に伝わっておらず、従業員にバスタオルを出すよう要求したが断わられ、対応した副支配人と押し問答になって、最後に笠が“頭が固い。死ね”と暴言を吐いたという話です。それを伝え聞いた主催者側が激怒してしまった」(ツアー関係者)

 この騒ぎを大会最終日となる10月27日朝、デイリースポーツのコラムで、女子ゴルフ界の大御所・岡本綾子(68)が“暴露告発”し、明るみに出た。コラムでは当事者について〈優勝したこともあるベテランプロ〉と名前を伏せながらも、〈LPGAはもっと選手を教育したらどうか〉と手厳しく批判した。

 翌28日にはスポーツ紙が笠の実名を報じ、31日に笠自身が謝罪文をマスコミに送付。当面の間、ツアー出場を自粛すると公表した。LPGAの小林浩美会長(56)も「あってはならない発言。協会として責任を感じている」と釈明に追われた。

“告発者”となった岡本氏は、この大会のテレビ解説で会場入りしていたため騒ぎを耳にしたという。

「大ブレイクした渋野日向子(20)の課題を指摘するなど、歯に衣着せぬ解説で知られる岡本氏ですが、現在の協会執行部とは距離を置いている。小林会長は、樋口久子・前会長(74)から禅譲されるかたちで協会トップになった。

 樋口前会長や小林会長は、何事も大きな問題にならないように水面下で根回しするタイプなのに対し、海外でプレーしてきた岡本氏はすべてオープンにして世論に判断してもらおうとする。考え方が180度違い、自然と岡本氏は運営から離れていった。今回は、自身の門下生への厳しい指導で知られた岡本氏が、笠をはじめとする選手たちにお灸を据えたかたちだが、背景には協会幹部との路線の違いもあったのでしょう」(ベテラン記者)

※週刊ポスト2019年11月22日号

あわせて読みたい

「ゴルフ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    進次郎氏のCOP25演説に「失笑」

    舛添要一

  2. 2

    報ステ編集謝罪 印象操作するTV

    かさこ

  3. 3

    伝説のファウルをW杯審判が解説

    森雅史

  4. 4

    宮川花子の後悔 医師信じず失敗

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  6. 6

    山本太郎氏「酔っ払い」とも対話

    田中龍作

  7. 7

    梅宮辰夫さん「芸能界消滅する」

    渡邉裕二

  8. 8

    日韓の「こじれ」朝日新聞に責任

    NEWSポストセブン

  9. 9

    報ステ 事実と違うVTR編集に苦言

    和田政宗

  10. 10

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。