記事

なぜ「高学歴」なのに「低収入」になってしまうのか


博士号を取得した「高学歴」な人たちが、月収10万円といった「低収入」にあえいでいるという記事を読みました。

統計的に見れば、一般的には「高学歴=高収入」という傾向があると思います。例えば、大学卒の方が中卒や高卒の人よりも生涯賃金の平均は高いとなっているはずです。

博士号までの学力がありながら、稼げないのは不思議な気もします。しかし、確かに私の周りにいるいわゆる富裕層の人たちは、必ずしも高学歴ではありません。むしろ有名大学卒や、修士号・博士号を取得したような人たちの方が稀です。

そんな、「高学歴・低収入 低学歴・高収入」というパラドックスが発生するのはなぜでしょうか?

原因1.高学歴なことと、お金が稼げることが一致しないから
当然のことですが、勉強ができれば、仕事もできるとは限りません。学校の勉強は答えのある問題を自分一人で早く正確に解いていく能力が評価されます。しかし、仕事は正解のない問題を周囲の人たちとコミュニケーションしながら解決していく能力が問われます。求められる能力が異なるので、勉強ができても仕事ができるとは限らないのです。

原因2.高学歴な人はレッドオーシャンに入っていくから
有名大学を卒業した人たちは、競って有名企業に就職しようとします。起業する人も増えてきましたが、競争の激しいIT系の起業を目指す人がほとんどです。このような、たくさんの人が争って参入してくるレッドオーシャンな世界で図抜けた成果を出すのは簡単ではありません。

人気のない業種や会社に入る方が、競争のないブルーオーシャンで相対的に評価される可能性が高いのに、プライドがあるのか、思い込みがあるのか高学歴な人はそのような世界に入っていこうとしない傾向があるのです。

原因3.高学歴な人はリスクを取らないから
高学歴な人は、色々なリスクを用心深く考えています。その結果、リスクを取ることに対して過剰に憶病になり、チャンスを逃してしまう可能性が高いのです。公務員になったり、大手企業に就職してしまうと、その傾向がより高まります。新しいチャレンジをしたくても、既得権益を手放すことに抵抗があって、アクションを起こすことができないのです。

勉強ができる「A Student(成績表がAばっかりの人)」ではなく「C Student」でも、経済的に成功できるというのは「敗者復活」の機会がある社会であることを意味します。この傾向は、これから益々強まっていくのではないかと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年11月11日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「高学歴」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国国民はGSOMIAを理解せず?

    AbemaTIMES

  2. 2

    おにぎり35個万引きした元公務員

    fujipon

  3. 3

    廃棄が9割 ジビエブームの裏側

    BLOGOS編集部

  4. 4

    無銭飲食? 領収書もたぬ安倍首相

    郷原信郎

  5. 5

    桜を見る会で国民は退陣を望むか

    橋下徹

  6. 6

    前夜祭の会費5000円は妥当な額

    木走正水(きばしりまさみず)

  7. 7

    桜を見る会の批判 本質からズレ

    青山まさゆき

  8. 8

    屠畜作業への理不尽な差別の実情

    岸慶太

  9. 9

    米韓 米軍駐留費めぐる協議決裂

    ロイター

  10. 10

    なぜ維新は自衛隊賃上げに反対か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。