記事

双子用ベビーカーをバスが乗車拒否騒動、「親切を受ける側」がこれまでに拒否し続けて来た結果と他人の親切に恐縮することで発生した

1/2

双子用ベビーカーの女性、市営バスが乗車拒否か 名古屋というニュースがテレビでも取り上げられ、ネットでもバスの対応、そしてその場にいた乗客への非難が多数報じられたり書き込まれましたが、「これだから日本は優しさがたりない」「子育てしにくい」「お互い様の精神がない」といったところがその根拠でしょう。子育て中の親や実際に双子のお子さんを持つ人からすれば切実な問題です。さすがに女性一人で運べるわけもないので、「降車側のドアを開け、客の誰かが前を持ち上げる(ないしは母親に中に入ってもらい客が一旦外に降りる)」はやっても良かったのでは、と思います。「マニュアルにないんだよ。安全面で問題あるだろ」式の反論が来るが、「一度検証し、改正すりゃいいだろ」と思う。


ところが、「他人に対して親切にする・配慮する」という行為が日本では「やってはいけないこと」のように扱われることが多い。というか、親切を受ける・配慮される側が「相手に悪いな」と思うことから、申し出を「いいです」とか「大丈夫です」と断ることが多いのですね。こうした配慮をする相手は高齢者、女性、子供、病人・ケガ人で、健康そうな成人男性に対してはやりません。

新幹線とか飛行機に乗る時、大きな荷物を持っている女性がいて、席上部の収納スペースに入れたいんだろうな、と思うわけですよ。でも、5回に2~3回は「いいです」と断られられる。そして、この断った人は必死に上に上げようとしているのですが、こちらとしては断られた以上、「この人は人から手伝われるのが嫌いな人なんだ」と考えることにし、「やっぱりやりましょうか」は言わなくなりました。また「いいです」「大丈夫です」(余計なお世話です)なんてことは言われたくないですからね。

あと、この人は、自分が降りる時に同じ人に「降ろす」手間をかけさせるのに恐縮しているのかもしれない。実に日本人らしい「ありがとう」といえばいいところを「すいません」とお詫びの言葉を述べる様式がすっかり身に着いたマインドセットではございますが、「5回に2~3回は拒否される」という経験が続けば、よっぽどのことがない限りもう声はかけないでおこうと思うものです。明らかに背が届かない小柄な方とかいるじゃないですか。そういう人にはすぐに声はかけます。

或いは、自分の荷物が手元になくては落ち着かない人なのかもしれない。でもね、私は新幹線の窓際。あなた真ん中。トイレに行く時通行の邪魔だから上に上げてほしいんですよ、という気持ちも多少あるからそのオファーをするのですが、頑なに「いいです」と言い、東京から京都までずっとスーツケースを足元に置き続ける。或いは「チッ、私は一人でいたいんだよ。コミュニケーションを今は取りたくねーんだよ。ナンパのきっかけか?」なんて思っているのかもしれない。

あわせて読みたい

「日本社会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沢尻容疑者甘やかされた芸能生活

    渡邉裕二

  2. 2

    日本の金継ぎがイギリスで大流行

    幻冬舎plus

  3. 3

    飲食業成功は簡単 堀江氏正論か

    メディアゴン

  4. 4

    沢尻容疑者の裏に反社会的勢力か

    tokyo editor

  5. 5

    中国ばかり人権問題で責める日本

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  6. 6

    「桜を見る会」はちっぽけな問題

    小林よしのり

  7. 7

    野党は桜を見る会叩く暇あるのか

    自由人

  8. 8

    山本太郎現象で済まぬれいわ躍進

    田中龍作

  9. 9

    桜を見る会 中止のホンネ暴露か

    女性自身

  10. 10

    八千草さん 夫を駅で迎える素顔

    毒蝮三太夫

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。