記事

天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典

会場での様子(皇居前広場で)

日々勉強!結果に責任!」「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。我が国の伝統精神である「智勇仁」の三徳に基づき、「文武経」の政策を国家国民のために全身全霊で実現します。

11月9日(土)、皇居前広場で、各界各層の団体が参加した天皇陛下御即位奉祝委員会主催で、「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」が開催されました。私は「天皇陛下御即位三十年奉祝国会議員連盟」の一員として、参加しました。快晴の中、皇居前広場には、立錐の余地がない程の3万人が集まっていました。47万人の公募から選ばれた1万人の方も含まれていると言います。会場は人人人の波でした。一人一人には、国旗「日の丸」の小旗とLEDライトが入った提灯が渡され、拍手の代わりに日の丸の小旗を振りました。

天皇皇后両陛下が二重橋からお出ましになられると、会場は寒かったのですが、一気に熱を帯びました。

各界各層からの祝辞、奉祝曲「Ray of Water」、国歌「君が代」の後に、天皇陛下の御言葉を賜り、聖壽蕃山を行いました。

 天皇皇后両陛下の御健勝と皇室の弥栄、世界最古最長の我が国の維持発展を祈念し、政治家として力を尽くせねばと思わずにいられませんでした。

●国民祝典の詳細は

国民祭典 記念式典全1時間50分の映像は https://youtu.be/r0dAFviEhy4 

雲一つない快晴から、夕闇となり、大太鼓と尺八の音で記念式典が始まりました。芦田愛菜さんらのお祝いメッセージがありました。

 映像は https://youtu.be/xRO8H9mYSkE 

安倍総理からの祝辞もありました。

映像は https://youtu.be/zQ6FJ9oty38 

天皇皇后両陛下が二重橋からお出ましになられると、会場は寒かったのですが、一気に熱を帯びました。

映像は https://youtu.be/4DFdLHv8meA 

●奉祝曲三部作「Ray of Water」

奉祝曲三部作「Ray of Water」も素晴らしい出来栄えでした。作曲・指揮は菅野よう子さんです。第一楽章はオーケストラによる「海神(かいしん)」、第二楽章は辻井伸行さんのピアノ演奏、第三楽章は嵐の歌でした。

第二部 辻井伸行が奏でるピアノ演奏による「虹の子ども」

映像は https://youtu.be/oWHppUXtfYM 

第三楽章は嵐が歌う「Journey to Harmony」(作詞:岡田惠和)

映像は https://youtu.be/QSwl2QcBotA 

歌詞は https://www.fnn.jp/posts/00426981CX/201911091848_CX_CX 

●国歌「君が代」と聖壽万歳

国歌「君が代」のオペラ歌手ソプラノ・森谷真理さんの独唱後に、3万人全員で斉唱しました。

映像は https://youtu.be/zATKOOKNzN8 

●天皇陛下の御言葉

天皇陛下から有難くも御言葉を賜りました。

映像は https://youtu.be/518y_Xb5b-k 

最後は、聖壽万歳で締めくくられました。

映像は https://youtu.be/9_Vp_n9Ujok 

天皇皇后両陛下の御健勝と皇室の弥栄、世界最古最長の我が国の維持発展を祈念せずにいられません。

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    山中教授が「被害者」になる日本

    やまもといちろう

  2. 2

    神奈川HDD流出 社長辞任させるな

    山口利昭

  3. 3

    糖質制限を覆す研究 Nスぺに驚き

    NEWSポストセブン

  4. 4

    行き詰まる韓国 中国に寝返るか

    ヒロ

  5. 5

    支持率に影響出ない桜見る会問題

    非国民通信

  6. 6

    麻生大臣が「安倍4選」に初言及

    文春オンライン

  7. 7

    N国丸山氏を糾弾する危険な正義

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    あたらしい党から3人目の離党者

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    元楽天・一場 自己破産していた

    SmartFLASH

  10. 10

    廃棄HDD漏洩 開いたパンドラの箱

    山口利昭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。