記事

11月9日(土)ムネオ日記

ベルリンの壁崩壊から今日で30年になる。1989年(平成元年)11月9日、テレビから若者が壁によじ登り、自由を叫ぶ姿は今も鮮明に目に浮かぶ。

 当時、私は衆院当選2回、防衛政務次官だった。

ブッシュ米大統領とゴルバチョフソ連共産党書記長(後に大統領)が12月、マルタで東西冷戦の終結を宣言した。両首脳のあの笑顔は歴史の一ページを飾った。

 翌年の平成2年2月、衆議院選挙があり3度目の当選を果たし、12月に外務政務次官になり1月、湾岸戦争勃発。8月ソ連でクーデター未遂。12月ソ連がなくなり、ロシア連邦共和国となりエリツィン大統領となった。まさに世界の構図が激変する時代だった。

あの頃、ベルリンに行くと壁のコンクリートがお土産で売られていたことが懐かしく想い出される。勿論、私も歴史の遺産として何個か買ってきたものだ。

 この30年を振り返る時、世界の歴史と共に鈴木宗男の人生をオーバーラップさせた。

 人生、自分の計算通り思い通りいかないものだとつくづく思いながら、ただ一つ言えることは「生きていれば良いことがある。生きていれば逆転もある」と自分自身に言い聞かせて、生きてきて良かったと多くの人のご支援に感謝してやまない。

 一昨日、10年振りに質問に立って、ロシアとの平和条約、北方領土問題解決に誰よりも向き合ってきたと自負する者として「安倍総理とプーチン大統領との間にしかできない」と強調したが、ベルリンの壁崩壊から30年、改めて安倍総理には歴史を作って戴きたいと願いながら、国益の観点からも私の立場で応援して参りたい。

 朝の便で千歳に飛び、11時から苫小牧市で「苫小牧港西港真古舞地区国際物流ターミナル着工式典」に出席し、13時千歳発で東京に戻り、17時からの「天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典」に出席する。天気に恵まれ何よりだった。

 その後、「第40回東京と足寄を結ぶふるさと会」に出席し、1年振りに懐かしいお顔に接し、故郷談議に耽る。

 故郷は遠くにありて思うものである。

あわせて読みたい

「ベルリンの壁崩壊」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    HDD転売事件が世界最悪級なワケ

    新倉茂彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    土井善晴語る 日本の食の問題点

    村上 隆則

  3. 3

    貧困シングルマザー生む単独親権

    田中俊英

  4. 4

    アンダーヘア脱毛 医師から賛否

    NEWSポストセブン

  5. 5

    いきステ来客減 子連れ層を狙え

    かさこ

  6. 6

    前夜祭巡りホテルが5000円否定か

    田中龍作

  7. 7

    HDD流出 騙しで揺らぐ信用業務

    自由人

  8. 8

    できる人の当たり前 通じぬ人9割

    藤沢数希

  9. 9

    「甲子園は商業的」報じない朝日

    メディアゴン

  10. 10

    話題の肛門日光浴 医学根拠なし

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。