記事

リツイートで名誉棄損判決も!? Twitter社重役の「リツイート禁止」発表は実現するか?

10月27日、あおり運転の「ガラケー女」とデマ拡散された被害女性が愛知・豊田市議を提訴したニュースが報じられ、11月2日にはこの市議が辞職する事態となりました。

こちらの記事を見ると、

当初は被害女性のインスタグラムのコメント欄が炎上し、その後Twitterで拡大していった模様です。

11月7日には、Twitter社重役が「リツイート禁止」発表したこの内容がニュースとして報じられました。

この件に関連して、gigazineに掲載された、

こちらの記述が目を引きました。

Twitterにリツイート機能を実装した開発者のクリス・ウェゼレル氏は、以前にBuzzFeed Newsのインタビューの中で、「Twitterはコンテキストに関係なく投稿のリーチを高めることができるボタン(リツイートボタン)を作成することが引き起こす影響を考えていませんでした」と語り、「リツイートボタンがプラットフォーム全体を悪化させた可能性がある」と考えていることも明かしています。さらに、Twitterのジャック・ドーシーCEOも「間違いなくリツイートを含むすべての行動のインセンティブと影響について考えている」と語り、リツイート機能の改良が計画にあることをにおわせるコメントを残しています。

ただ、この「リツイート禁止」についてはあくまでアイデア段階で実現可能性は分かりませんが、リツイートを巡って国内でこんな出来事があります。

裁判自体は9月のようですが、11月9日、「他人のツイートをリツイートしたら名誉棄損!? 橋下徹氏をめぐる裁判の異様な判決」という記事が配信されました。

裁判の内容についてはこちらの記事を参照いただければと思います。

この判決を受け橋下氏はこんなツイートをしています。

メディアリテラシーの必要性も良く語られていますが、これからの時代はSNSリテラシーとして

  • コメントを付してリツイートする
  • リツイートするならば、元ツイートの真偽を確認する

↑この2つが重要になると、今日紹介したそれぞれの出来事から考えられるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    道の駅で車中生活 貧困層の実態

    水島宏明

  2. 2

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  3. 3

    安倍内閣の体感支持率は20%以下

    早川忠孝

  4. 4

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    コロナ対策 順調なフリが1番悪い

    岩田健太郎

  6. 6

    増税で一律貧しくなった日本人

    田中龍作

  7. 7

    新型肺炎 初期症状の軽さ問題か

    岩田健太郎

  8. 8

    東京マラソンは中止決断が最善手

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    クルーズ船への協力渋る省庁も?

    橋本岳

  10. 10

    優秀な女性流出に危機感ない日本

    幻冬舎plus

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。