記事

1億円を払うのが悪いことだと思わなかった人たちのトンデモナイ勘違い

こんなことで読売巨人軍や原監督の関係者が週刊文春を名誉棄損で提訴するのだったら、私は週刊文春の側に立つ。
女性スキャンダルを揉み消したいがために1億円もの大金を払ったということが大変な問題である。
支払った相手が暴力団員だったかどうかは関係ない。

有名人がスキャンダルを種に脅されて金を払ったということが分かると同種の犯罪を招きやすい。
脅せば金になる、スキャンダルの証拠を握れば金になる、ということになるとスキャンダルを種に金を脅し取ることがビジネスになる。
絶対にしてはいけないことを、原監督はしてしまったのである。

プロ野球のスター選手、大巨人軍の名監督として不当な要求には絶対に屈しない、屈してはいけないという範を示す必要があったのに、これをしなかったのだから原監督は厳しく断罪されて当然である。
こういう事実があることを知りながら放置していた人々もそれぞれ断罪されなければならない。

知っていてあえて不正・違法行為を見逃してきたのだから、そのこと自身が不正・違法行為の助長行為にあたる可能性がある。

巨人軍の弁護士は何も教えなかったのだろうか。
原監督の周辺には、こういう基本的なことを教えてくれる人がいなかったのだろうか。

原監督が妻君には本当のことを述べて謝った、と書いてあった。
それが当然である。
まずは謝ることである。

謝ったうえで妻君から励まされたのだったら、安心して戦うべきであった。
臭いものに蓋をするような姑息なことを考えるから、1億円もの大金を払ったうえに、今度は監督生命、プロ野球人生を失いかねない大変な事態に追い込まれてしまう。
ずいぶん愚かなことである。

今からでも遅くない。
悪いことは悪いと潔く認め、週刊文春への提訴などは考えないことだ。
私の目からすると、週刊文春側は報道する事実の真実性と公益性は十分立証可能なようである。
傷付くのはもっぱら訴える側だけである。

弁護士の仕事が増えることは弁護士の世界にとっては必ずしも悪いことではないが、まあ余計な労力を使い、余計な出費をすることはほどほどにした方がいい。
今の読売や読売巨人軍は、清武問題で頭に血が上っていて冷静沈着な物の考え方が出来ないようだが、原監督は、こういうことにはなるべく巻き込まれないようにすることである。

ここで威丈高になれば、原監督はもっと傷付く。

あわせて読みたい

「読売巨人軍」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏の低賃金めぐる解説が秀逸

    かさこ

  2. 2

    札幌開催 小池知事の発言に呆れ

    鈴木宗男

  3. 3

    ネットを楽しむバカと勝ち組たち

    BLOGOS編集部

  4. 4

    橋下氏 政治家のダム批判に指摘

    橋下徹

  5. 5

    ユニクロ会長の日本人批判に反論

    自由人

  6. 6

    グレタさんを中年男性が嫌うワケ

    木村正人

  7. 7

    八ッ場ダムが氾濫防いだは本当か

    NEWSポストセブン

  8. 8

    人間を殺す道具を自慢する中国

    文化通信特報版

  9. 9

    スーパーの犬小屋 日本は5年後?

    後藤文俊

  10. 10

    政府が衝突した北漁船の映像公開

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。