記事

憲法審査会は、国会議員の真価が問われる大事な議論の場

今国会で国民投票法の改正が出来るかどうか何とも言えないところだが、とにかく憲法審査会の審議が始まったことはいいことだ。

野党の日程闘争の煽りを受けていつまでも開店休業の状態を続けていたら、与党も野党も大方の国民から批判されるところだった。

憲法審査会の海外調査が必要だったかどうかについては多少の疑義はあるが、何はともあれ与野党の国会議員の代表が連れ立って海外の憲法事情調査に赴いたということは、憲法審査会における議論を一歩進めるためにはどうしても必要な儀式だったろう。

国費を使っての海外調査だから、調査団としては調査結果を国民に報告すると共に、今後の憲法審査会の議論にその成果を反映する責務がある。

くれぐれも、税金泥棒などと言われませんように。

昨日の憲法審査会における調査団の報告は、それなりに聞きどころがあったようである。

やはり憲法論議は党派の枠を超えて行うのがいい。

昨日の憲法審査会における委員の発言はあくまで個人としての発言であって、会派を代表するものではない、などと火消しに回っている向きがあるが、そういう愚かなことはしない方がいい。
自由闊達にそれぞれの委員がご自分の意見を開陳することで、議論の深化が図られる。

私が現職の衆議院議員の時に、国会議員としての充実感を最も味わうことが出来たのは当時の憲法調査会である。

あの当時の雰囲気を再現出来れば、多分、大方の国民が納得出来る憲法論議が展開されるはずである。

あわせて読みたい

「憲法審査会」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本へ謝罪求め続ける韓国に疑問

    諌山裕

  2. 2

    JESSE被告「コカインなめた」

    阿曽山大噴火

  3. 3

    森ゆうこ氏の「圧力」に応じない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  4. 4

    222万部減 新聞はもう要らないか

    PRESIDENT Online

  5. 5

    佐野史郎 病室では寝たきり状態

    女性自身

  6. 6

    桜を見る会予算を国民向けに使え

    柚木道義

  7. 7

    大嘗祭反対集会? 朝日記事に疑問

    和田政宗

  8. 8

    「山本太郎都知事」はあり得るか

    PRESIDENT Online

  9. 9

    朝日のがん治療本PR見直しを称賛

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    自民も警戒 立民の「閣下」とは

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。