記事

枝野代表はコアな支持者におもねるな!

立憲民主党の枝野代表が、憲法審査会での山尾志桜里議員の発言に不快感を表明した。

国民投票法という「手続き」の議論ばかりして、「憲法の中身」の議論をしないというのはおかしい、というのが山尾議員の発言なのだが、枝野代表はこれがダメだと言うのだ。

枝野代表はようするに「手続き」の議論で時間稼ぎして、「憲法の中身」の議論を阻止したいのである。
それが今の立憲民主党の姿勢だ。
山花や辻元ら護憲左翼に包囲されて、枝野代表は「立憲主義どころじゃない」という感覚に堕ちてしまったのだ。

安倍首相のコアな支持者が「自衛隊明記の改憲派」であり、枝野代表のコアな支持者が「9条護憲派」である。
どっちもコアな支持者の操り人形になってしまっているだけのことだ。

もはや「立憲民主党」の掲げた「立憲主義」という看板は、ウソ・ペテンになってしまった。
立憲民主党の公式見解はこうだ。

「憲法に関する議論は、立憲主義をより深化・徹底する観点から進める。」
「日本国憲法を一切改定しないという立場は採らない。
立憲主義に基づき権力を制約し、国民の権利の拡大に寄与するとの観点から、憲法に限らず、関連法も含め、国民にとって真に必要な改定があるならば、積極的に議論、検討する。いわゆる護憲と改憲の二元論とは異なる、「立憲的憲法論議」を基本スタンスとする。」


安保法制を憲法違反だと言って反対した政治家は、「立憲主義をより深化・徹底する観点から」、憲法審査会で積極的に「中身の議論」に挑む責任があるはずだ!

山尾志桜里議員は立憲民主党の公式見解を忠実に守って、「権力を制約し、国民の権利の拡大に寄与する」ために、「中身の議論」をしようとしている。
それを阻止するとは、枝野代表は100%間違っている!

山尾志桜里議員は「政治屋」ではない。
「公」のため、「国家」のために戦える能力と覚悟を持つ貴重な「政治家」だ。
山尾志桜里より、ノイジー・マイノリティー(うるさい少数派」である「コアな支持者」を選ぶようでは、枝野代表も、しょせん「政治屋」かと思われても仕方がない。

なぜ山尾志桜里を自由に暴れさせないのだろう?
それが国家国民のためなのだが!

あわせて読みたい

「枝野幸男」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  2. 2

    福原愛が「台湾の田中みな実」化

    NEWSポストセブン

  3. 3

    肺炎対応の官僚 不眠不休は当然?

    Chikirin

  4. 4

    売れた名変える神田伯山の肝っ玉

    毒蝮三太夫

  5. 5

    コロナで病院限界 厚労省が守れ

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  7. 7

    パラサイトと万引き家族は対照的

    紙屋高雪

  8. 8

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  9. 9

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  10. 10

    五輪巡る批判報道に無言の圧力か

    WEDGE Infinity

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。