記事

日本酒ソムリエが厳選「至高のカップ酒」この2本は飲んどけ!


「あらためてカップ酒を飲んでみると、すごくクオリティが高くて、本当に驚きました」

 きき酒師のなかでも、厳しい審査をパスした者だけしかなることができない「酒匠」。大石裕巳氏(39)は、そのひとりだ。日本酒のプロ中のプロが、実際にコンビニをまわり、吟味を重ねて出した結論とは……。

「まずは菊水(本社・新潟県)の『一番しぼり』。本醸造の生原酒で、リンゴ酸が多いのか、フレッシュな白ワインのような味わいもあります」

 アルコール度数は19度と高めなので、飲みすぎに注意だ。

「次に、菊正宗(本社・兵庫県)の『ギンカップ』。生酒のような味わいで、淡麗辛口で、華やかな香りが特徴です」

 2019年のIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の普通酒部門で、トロフィを獲得した。

 最高の “二本酒”、お試しあれ。

【カップ酒DATA】
・「ふなぐち菊水 一番しぼり」(200ml)265円(税抜き)/菊水酒造

・「しぼりたてギンカップ」(180ml)198円(税抜き)/菊正宗酒造

(増刊FLASH DIAMOND 2019年11月15日増刊号)

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  3. 3

    銀座商店「震災時より人少ない」

    田中龍作

  4. 4

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    新型肺炎めぐる過剰な報道に苦言

    かさこ

  6. 6

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  8. 8

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  9. 9

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  10. 10

    検事長の定年 口頭決裁あり得ぬ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。