記事

日本酒ソムリエが厳選「至高のカップ酒」この2本は飲んどけ!


「あらためてカップ酒を飲んでみると、すごくクオリティが高くて、本当に驚きました」

 きき酒師のなかでも、厳しい審査をパスした者だけしかなることができない「酒匠」。大石裕巳氏(39)は、そのひとりだ。日本酒のプロ中のプロが、実際にコンビニをまわり、吟味を重ねて出した結論とは……。

「まずは菊水(本社・新潟県)の『一番しぼり』。本醸造の生原酒で、リンゴ酸が多いのか、フレッシュな白ワインのような味わいもあります」

 アルコール度数は19度と高めなので、飲みすぎに注意だ。

「次に、菊正宗(本社・兵庫県)の『ギンカップ』。生酒のような味わいで、淡麗辛口で、華やかな香りが特徴です」

 2019年のIWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)の普通酒部門で、トロフィを獲得した。

 最高の “二本酒”、お試しあれ。

【カップ酒DATA】
・「ふなぐち菊水 一番しぼり」(200ml)265円(税抜き)/菊水酒造

・「しぼりたてギンカップ」(180ml)198円(税抜き)/菊正宗酒造

(増刊FLASH DIAMOND 2019年11月15日増刊号)

あわせて読みたい

「お酒」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  3. 3

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  4. 4

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  5. 5

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  6. 6

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  7. 7

    雅子さまがまた涙 視線の先には

    文春オンライン

  8. 8

    森田知事巡る問題に舛添氏が苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    子ども愛せず…高学歴男性の離婚

    幻冬舎plus

  10. 10

    居酒屋無断キャンセル逮捕を評価

    宮崎謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。