記事

「ふるさとをもう一度誇りに思いたい」福島県大熊町の未来を考える - 齋藤真緒 / 福島工業高等専門学校4年

1/2

東京電力福島第一原子力発電所が立地する福島県大熊町と双葉町には、今も多くの地域に原発事故による避難指示が出されている。

大熊町に生まれ育った齋藤真緒さんは、小学校4年生のときに東日本大震災に被災し、原発事故による避難を体験した。

大熊町での暮らしや震災と原発事故の経験、そしてこれからの町との向き合い方について、齋藤さんにお話を伺った。(聞き手・構成 / 服部美咲)

大熊町の「あたりまえの暮らし」のかけがえのなさ

――子どもの頃の思い出を伺えますか。

私のふるさとは、福島県双葉郡にあり、東京電力福島第一原子力発電所の立地する大熊町です。町に住んでいた頃は、「大熊町の魅力が何か」なんて、特に考えてみたこともありませんでした。でも、小学校4年生まで暮らした大熊町での生活は、とても充実していました。

春は、なんといっても山菜採りです。山にはもちろん、そこらじゅうに山菜が生えていて、特にワラビがたくさん採れる場所を「ワラビの丘」と呼んでいました。

夏は、友だちや兄弟と一緒にスポーツセンターのプールに通ったり、川遊びをしたり、早朝からカブトムシを捕まえにいったりしていました。秋は、マラソン大会で1位を獲りたくて、兄弟と一緒に山や森で走り込みをしました。冬になると、大熊町で雪が積もるのは年に1度くらいなので、雪が積もると感動して、泥や草が混じっていても構わずに、雪だるまを作りました。

季節に関わらず、近所のおじいちゃんやおばあちゃんの家に遊びに行ったり、町の商店街で買い物をしたり…。大熊の暮らしは、とても楽しかったです。小さい頃の私にとっては、大熊町での生活があたりまえになっていて、そのかけがえのなさには気がついていませんでした。

「元気に咲く大熊町のひまわり」 福島県大熊町大川原地区 (2019/ 8/15)撮影:齋藤真緒

めったに降らない雪が降っていた

――2011年3月11日の東日本大震災のときは、どちらにいらっしゃいましたか。

私は小学4年生でした。教室では、ちょうど下校時のホームルームの最中でした。机の下にもぐって、揺れがおさまるのを待っていたのですが、いっこうに収まる様子がありませんでした。なぜなのかわかりませんが、机の下で、私は必死に「ごめんなさい、ごめんなさい」と叫んでいました。「それまで自分がやってきた悪さのせいで地震が起きたんだ」という感覚だったのかもしれません。

しばらくして、担任の先生に誘導されて、全校生が校庭に避難しました。もう春だというのに、めったに降らないはずの雪が降っていたのを覚えています。寒さと恐怖で、震えが止まりませんでした。

まだ親が迎えに来ていない生徒は体育館に移動しました。私も体育館に移動しましたが、すぐに母が迎えに来てくれました。車で家に向かう途中の町の景色が、登校したときとまったく別のものになっていました。道路が盛り上がり、塀や家が崩れているところもありました。

家に着くころ、私は体調が悪くなって、車から出られなくなっていました。ひとりで車の中に閉じこもって、そのうち外が真っ暗になりました。やっと少し落ち着いて、なんとか車を降りて、家に入りました。

近所の方が発電機を持っていて電気が使えたので、隣近所でその家に集まりました。夕食として、カップラーメンや即席スープが用意されていましたが、私は食欲がなくて、食べることができませんでした。夜、自分の家に戻って、一階のリビングで母、姉、兄、妹2人と一緒に並んで横になりました。東京電力福島第一原発で働いていた父は、まだ帰ってきていませんでした。余震もおさまらず、恐怖と不安で、その夜は眠れませんでした。

翌日の早朝、近所の方が「齋藤さん!避難するよ!」と家の窓を叩いていました。私は何が起こっているのかわかりませんでした。母に言われるがまま、2着ほど着替えを持って、町役場に向かいました。町役場にはすでに沢山の人が集まっていましたが、父はそこにはいませんでした。ますますわけがわからなくなって、また私は具合が悪くなってしまいました。

誘導されてバスに乗って、40㎞ほど離れた田村市の公民館に避難して、すぐに私は寝込んでしまいました。あとで母や姉に聞くと、私が寝ている間に色々なことが起きていたそうです。

支給されるご飯の量が、私たち家族にとっては少なすぎたらしく、当時妊娠中だった母が、1kmほど離れたところにあるスーパーに、大きなお腹を抱えて食料を買いに行ってくれたそうです。体調が良くなってきた私は、事情も知らず、その食料をたくさん食べてしまいました。あの食料は、まだ小さな妹たちや妊娠中の母にたくさん食べさせてあげなければいけなかったのに。今でもそのときの自分を許せないです。

父の働いている建物が突然爆発した

――東京電力福島第一原子力発電所の事故については、どのように知りましたか。

だんだん気分が落ち着いてきたので、体育館の中を回りました。小さな女の子が、熱を出して寝込んでいました。人々がヒーターの周りに集まっていました。電話ボックスの前には長い行列ができていました。多分、その行列には母もいたのではないかと思います。父と連絡が取れないと言っていたと思うので。誰もが焦っているように見えました。

ふと、テレビで流れているニュースが目に入りました。青くて四角い、見覚えのある建物が映っていました。「あれって、お父さんが働いている建物だったっけ」と思って、足を止めてテレビを見ていました。そのとき、突然その建物が爆発したんです。

――お父さんとはいつ頃再会できたのですか。

公民館に避難している間も、父は帰ってきませんでした。公民館に避難した翌日、私たちは叔母の家に移動して、そこで父と連絡がとれました。すごく安心したのを覚えています。

叔母の家から新潟の友だちの家に避難して、そこでやっと父に会えました。

再会した父は、ヒゲがぼうぼうに伸びていて、髪も何日も洗ってない感じで、瘦せていました。私は、父が爆発した原発構内で命を賭けて闘っているとも知らず、おもわず笑ってしまいました。「お父さん、そんな恰好で、どうしちゃったの?」って。父も笑いました。それで、私も安心できたんだと思います。普段は、あまり感情を表に出さない人なのですが、そのときの父の笑顔は今も覚えています。

「私も同じ人間」ということが否定されていく

――その後はどのように避難されたのですか。

田村市や須賀川市と福島県内を転々として、新潟、山梨にも行って、最終的には会津に行きました。会津では、最初、旅館で生活していました。旅館の人たちはとても親切でした。私たちのことを気にかけ、毎日おいしいごはんを作ってくださいました。

旅館にいる間、多くの人からのご支援をいただきました。物資での支援もありましたし、マジックショーや歌、自動車によるパフォーマンスなどで元気づけてくださった方もいました。

――避難生活を送られていて、辛かったことはありますか。

父の作業着を洗って外に干そうとしたら、「原発で使った作業着を外に干さないで」と言われました。部屋が空いているというので、アパートを借りようとしたのですが、「原発事故で避難してきた」ということがわかると、入居を断られてしまいました。

私たちも同じ人間なのに、それが次々に否定されていくようで、どうしてなのかわからなくて、日々悲しい気持ちが重なっていきました。そして、私は心の調子を崩してしまいました。

会津で、廃校舎を借りて、大熊町民の小学校が再開しました。でも、私は、なぜか家族から離れるのがとても怖くて、小学校に行けませんでした。たまに行けても、保健室に通うのが精いっぱいでした。みんなが大変なときなのに、私のせいで余計に家族に迷惑をかけているという申し訳なさでいっぱいでした。「私は弱い人間だ」「どうしてこんなに家族に迷惑をかけることしかできないんだ」と、毎日自分を責め続けているうち、どんどん自分が許せなくなりました。

周りからは「大熊から避難してきた」という目で見られていると感じて怖いし、自分は自分自身のことが大嫌いだし、毎日生きていくことが辛かったです。

――そこから立ち直ったきっかけはありましたか。

まず、だんだん会津での暮らしに慣れてきたことです。アパートが借りられて、学校にも皆と同じように通えるようになりました。放課後に友だちと遊べるようにまでなりました。多少の不便はあっても、大熊町での暮らしに近い日常生活を送ることができるようになったことは大きかったと思います。

それから、日本全国、世界各国の方々の支援にも励まされました。原発事故後、1~2年の間、ほとんど毎週、なにかしらの支援が届きました。「私たちを応援してくださる方がこんなに大勢いるんだ」と思うと、弱気になっている場合じゃないな、と元気になれました。それと同時に、私も、いつか誰かが困っていたら、元気づけてあげられるような人間になりたい、と思うようになりました。

あわせて読みたい

「震災復興」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  2. 2

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  3. 3

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  4. 4

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  5. 5

    落ち込んだGDP どうなる日本経済

    ヒロ

  6. 6

    桜問題で逃げ回る安倍首相に苦言

    畠山和也

  7. 7

    いま選挙語る山本太郎氏は場違い

    早川忠孝

  8. 8

    医療者守れぬ政府対応に医師苦言

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  10. 10

    大企業だから? 楽天叩きに違和感

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。