記事

官邸主導で「白タク解禁」 儲かるのは誰だ

国会に請願デモを掛けるタクシー業界関係者。=7日、衆院玄関前 撮影:田中龍作=

 究極の雇用破壊が訪れようとしている―

 タクシーの運転手たちがきょう7日、「白タクに反対する」請願を国会にかけた。

 話は今年3月7日に遡る。官邸で「第24回未来投資会議」なる謀議が開催された。

 出席者は関係閣僚、竹中平蔵・東洋大学教授を始め、経済三団体のトップ、新経連元理事、日産自動車取締役から東大総長まで、そうそうたる顔ぶれだった。

 もちろん、一般国民や労働者の代表は招かれていない。

 いつものように利益を同じくする人たちだけが集まって、「儲け話」をし、「規制緩和」を進めようということである。犠牲になるのは労働者や庶民だ。

 タクシー業界関係者によれば、白タクを解禁するとまず儲かるのはIT業界。

 白タクの利用料金は配車アプリを運営する会社に入る仕組みだ。ドライバーは車と車の運行にかかる経費を負担しなければならない。報酬は安く叩かれる。

 アメリカの諸都市で白タク・ドライバーたちのデモがあったほどだ。

タクシー会社が運行するから安心して乗れる。ドライバーの身元が保証されない車に乗るのは、不安が先立つ。=7日、都内 撮影:田中龍作=

 従来のタクシー会社が潰れると、雇用形態のある運転手はいなくなる。

 香港で白タクから声を掛けられたが、身元が保証されないドライバーの車に乗るのはさすがに怖かった。

 スマホをいじれない年寄り、クレジットカードを持たない層は、車を呼ぶことができない。ますます取り残されるのだ。

 白タクの行き着く先はタクシーの自動運転化だ。

 現行のタクシーは無人運転車に置き換わる。儲かるのは、自動車メーカーとIT産業だ。

 監視社会は格段に進む。車内に備え付けられたカメラが顔認証システムにつながっていて、いつ、誰が、どこで乗車して、どこで降車したかが記録されるのだ。

 竹中先生が旗を振る未来投資会議では、3月、事務方が「法改正が必要なものについては、次期通常国会への提出を目指す」と説明した。今国会 での法改正を目指すということだ。

 雇用もプライバシーもなくなる社会が目の前まで来ている。

    ~終わり~

     ◇
不安定な雇用のために外国ではデモまで起きたのに、なぜ日本は規制緩和を進めようとしているのでしょうか。田中龍作は派遣切り(2008年)などが起きる前から労働問題の取材を続けています。

取材活動は読者のご支援によって維持されています。
          ↓

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「白タク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  3. 3

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  4. 4

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  5. 5

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  6. 6

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  9. 9

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

  10. 10

    水害補償に山本太郎氏「お粗末」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。