記事

「英語のできない英語教師」に縛られ英語ができない“身の丈”ジャパンの諸問題 我が国の高等教育はどう仕切り直されるべきなのか - 山本 一郎

1/2

 文部科学大臣である萩生田光一さんが、英語教育の地域や経済力の格差を巡って「身の丈」発言をしたお陰で、2020年度に始まる大学入学共通テストにおける英語の民間試験の導入について、延期が発表されてしまいました。

 推進論も反対論もあって、どちらも一理あるので仕切り直しも仕方ないですね。次こそは、まともな文部科学大臣が就任することを期待しましょう。

衆院文部科学委員会で答弁する、萩生田光一文部科学相 ©︎AFLO

本来は公教育で英語が使えるようになるべきでは

 その辺のおっさんが好き勝手に放つ「地方に住んでる奴は英語なんてどうせ使わねえんだから、やりたい奴は身の丈で勉強しときゃいいんだよ」というレベルの与太話を、我が国では良い背広を着た担当大臣が堂々と喋ってしまうわけですから、なんて言論が自由で開かれた国なんだと思わずにはいられません。国民にも希望が持てますよね、こんな人でも大臣になれるなんて素晴らしい国じゃないかって。俺も大臣目指して頑張ろうって。

 もっとも、英語教育だけで見るならば、日本はタイやベトナムにも後塵を拝しています。いい歳してなお英語が喋れないので、セブ島やニュージーランドにそこそこのカネを払って英語を習いに行く日本人は後を絶ちません。もちろん、英語を喋りたい、英語でモノを読んだり書いたりしたいというニーズは神聖なので、勉強すること自体は素晴らしいと思うんですよ。ただ、本来は公教育で充分に英語が使えるようになるべきだ、だからこそ大学受験の科目にするのだ、というのは議論としてあります。

英語力ランキングでは88か国中49位とも

 思い返せば、1973年生まれの私もよく考えたら大学で思い立って留学するまではたいして英語が喋れず、仕事で英語を使う時期に一気に英語力が伸びたことを考えますと、語学というのは単に習うものではなく、必要に迫られて初めて習得するものだという感覚がありますよね。

 翻って、いまや小学校でも英語教育が行われている現状がある割に、私たちは少なくとも6年間ないし8年間は英語を何らかのかたちで学んできたはずなのに、日常的な英語が使えるレベルにまで英語力のある日本人は少なく、一部の英語力ランキングでは88か国中49位と「英語力が低い」というご評価までいただいています。うるせえんだよ。もっとも、このEFランキングでは、その調査対象者は自分から無料のオンライン試験を受ける仕組みなので、実際の英語力はもっともっと低いかもしれません。

英語教育の必要に迫られている日本

 まあ、毎度言われることですけど、どうなってるんだ我が国の英語教育は、というのは以前から議論にはなっていたんですよね。なので、文部科学省も今回の「身の丈」発言の前から、英語教師はネイティブ話者を雇いましょうとか、英語教育の奨励プログラムはありますけれども、実際には小学校では特に学級担任が普通の授業の一環として英語を小学生に教えている、というのが実態であります(2018年:英語の授業を担当するのが学級担任であるクラスは80.5%)。

平成30年度「英語教育実施状況調査」概要(文部科学省)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/detail/__icsFiles/afieldfile/2019/04/17/1415043_01_1.pdf

 そういう日本の英語教育の成れの果てが、大学入試における民間英語試験という出口での改革で良いのか、というジレンマはあります。何でも利権に結びつけて考えるのは良くありませんが、こんなのは少子化で細る教育産業が業界として市場をガメにいったと批判されても仕方のない面もあるのかもしれません。ベネッセが名指しされていて可哀想ですがお前も悪い。

 ただ、教育論・教育学を専門にする人たちの間でも本件が賛否両論なのは「とはいえども、日本人はグローバル社会への対応や、日本に観光に来る外国人とのコミュニケーションを取るうえでも、きちんとした英語教育をする必要に迫られている」という当たり前の大前提が根底にあるからだと思います。

海外行ったことすらないような教師が英語を……

 一方で、そういう英語教育を担う現場というのは先にも述べました通り英語など本来ネイティブでもなんでもない担任教師が教科書片手にディスイズアペンとやっているわけで、素人の適当な英語を時間かけて教わる小学生が可哀想であることぐらいは容易に想像がつきます。お前に英語教えてる担任教師、海外行ったことすらもないかもしれないんだよ。

 日本の初等中等教育の現場が荒廃していると言われるのは、少子化が進展しているにもかかわらず教師という職業自体が地域や家庭の問題までおっ被せられてブラック企業も真っ青になるほど劣悪な労働環境に陥っているからです。

 最近では子どもの親の離婚にまで教師が挟まって右往左往したり、親の虐待を教師が気づけなかったから教師はけしからんという話も出たりしますが、それってどう考えても親の問題ですよねえ。何で地域のこととか家庭まで教師が介在させられてしまうの。下手すれば家庭でこなすべき躾まで教師がどうにか対応しろという話になり、駅前やコンビニ前で子どもが騒げばあそこの学校がアカンのだと叩かれる現実があるわけですよ。

 多感な子どもたちが抱える問題がどんどん教育の現場に押し付けられて、学問を教えたり学級経営をしなければならない教師に雑務が降ってくるようでは、仕事ばかりが増えて大変な負担であることは間違いないのです。そして、昔は中堅大学の卒業生にとって花形の資格であるはずだった教員採用試験は、かつての5倍6倍だったころに比べていまや一部で1.2倍を切るぐらいになり、もはや漢字で名前が書ければ教師になれてしまうぐらいの勢いでレベルが下がってしまっているとも言えます。

あわせて読みたい

「英語民間試験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相は潔白証明に明細書示せ

    大串博志

  2. 2

    代役は川口春奈「別に」の過去

    女性自身

  3. 3

    宗男氏 前夜祭巡りホテルに確認

    鈴木宗男

  4. 4

    現金ばかり 日本と変わらぬ台湾

    川北英隆

  5. 5

    音喜多氏の入党で一皮剥けた維新

    早川忠孝

  6. 6

    国内に虚勢張る韓国 外交で難点

    NEWSポストセブン

  7. 7

    前夜祭の寿司 提供元をめぐる謎

    文春オンライン

  8. 8

    産婦人科は奴隷労働? 無知な市民

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    中国より台湾 ツバル外相が表明

    ロイター

  10. 10

    韓国人旅行者65%減で地方に痛手

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。