記事

共通テストで「記述式」は現実的か

大学入試改革に関して、英語民間試験以外にも問題があります。国語、数学に関する「記述式」問題の導入です。

50万人以上の高校生の皆さんが受験する共通試験において、どうやって採点の均一性を担保するのか。1万人の採点者が必要と言われています。記述式の答案に対して、1万人の採点者が同じレベルで採点できるような仕組みというのは本当にあるのか。

しかも、二次試験を控えるわけですから、短期間で全国的に採点を終えなければならないわけで、さらに大変です。

もうひとつの問題として、受験した生徒さんが、試験後自己採点をします。二次試験をどの大学に出願するか判断しなければならないからです。しかし、この記述式の問題について、自分たちの自己採点が正しいかどうか、生徒さんたちは大変悩まれると思います。

これら多くの問題について、政府の方から十分に安心できる答弁は出てきていません。

英語民間試験の問題にとどまらず、この記述式試験についても、見直しを求めてさらに議論を展開していきたいと思います。

あわせて読みたい

「大学入試改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    安倍首相 ヤジの原因は憲法改正?

    メディアゴン

  2. 2

    マスクより品薄? 消毒薬の注意点

    市川衛

  3. 3

    コロナ対応の優先度理解せぬ政府

    川北英隆

  4. 4

    社民と立民の合流話は立ち消えか

    早川忠孝

  5. 5

    コロナ検査 医師が不利益を指摘

    名取宏(なとろむ)

  6. 6

    風俗に母同伴 親子共依存の実態

    AbemaTIMES

  7. 7

    コロナ巡る混乱 抗体ない深刻さ

    essa

  8. 8

    橋下徹氏「国立大学は甘えすぎ」

    橋下徹

  9. 9

    マスクなしで頑張る 森氏に批判

    女性自身

  10. 10

    コロナで観光客減 非正規に危機

    藤田孝典

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。