記事

共通テストで「記述式」は現実的か

大学入試改革に関して、英語民間試験以外にも問題があります。国語、数学に関する「記述式」問題の導入です。

50万人以上の高校生の皆さんが受験する共通試験において、どうやって採点の均一性を担保するのか。1万人の採点者が必要と言われています。記述式の答案に対して、1万人の採点者が同じレベルで採点できるような仕組みというのは本当にあるのか。

しかも、二次試験を控えるわけですから、短期間で全国的に採点を終えなければならないわけで、さらに大変です。

もうひとつの問題として、受験した生徒さんが、試験後自己採点をします。二次試験をどの大学に出願するか判断しなければならないからです。しかし、この記述式の問題について、自分たちの自己採点が正しいかどうか、生徒さんたちは大変悩まれると思います。

これら多くの問題について、政府の方から十分に安心できる答弁は出てきていません。

英語民間試験の問題にとどまらず、この記述式試験についても、見直しを求めてさらに議論を展開していきたいと思います。

あわせて読みたい

「大学入試改革」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    白人側言い分 差別問題の難しさ

    fujipon

  2. 2

    GoTo まと外れの政府説明に呆れ

    青山まさゆき

  3. 3

    「GoTo中止を」SNSで批判が殺到

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  5. 5

    まるで恫喝 島根県警の不当捜査

    郷原信郎

  6. 6

    お笑い芸人がNHK辞めYouTuberに

    たかまつなな

  7. 7

    合宿所でSEX 韓国アイドルの暴露

    文春オンライン

  8. 8

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    修学旅行中止でGoTo推奨する矛盾

    原田 謙介

  10. 10

    国民人気得ても首相難しい石破氏

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。