記事

大学入試のための英語民間認定試験の導入延期は、胆力のある政治家にしか出来なかった重大決定

火中の栗を拾うことになったのだな、と見ている。

何かと批判の対象になりやすい存在だが、いざという時に頼りになる政治家であることは間違いない。

大学入試のための英語民間認定試験は、聞けば聞くほど問題が多い試験だったようだ。

どの省に限らず、いわゆる役人は、上が決めたことには、実際には色々問題があってもすべて呑み込んで、とにかく実現に向かって全力を尽くすという習性がある。
時々面従腹背の異端児が出たり、面と向かって上司に対して異論を述べたり、時には辞表を叩き付ける豪傑が現れるが、役所の世界では異例中の異例と考えられたらいい。

どんな場合もなんとか知恵を出して、それなりの結果を出してしまう。
多少の不具合があっても、とにかく一旦やりきった上で不具合の部分の修正に全力を尽くす。

それが上手くいく場合も上手くいかない場合もあるのだが、大方のことは大体そういう手順で進む。

役人が自ら政治の決定を覆すようなことはしないし、現実に出来ない。

実施の直前になって規定方針を覆す、などという恐ろしいことは普通の政治家にはとても出来ない。

萩生田氏には、普通の政治家にはない胆力があることは確かである。
修羅場にはふさわしい政治家である。

今の状況を凌ぎ切ったら、自民党の中で確固たる地位を築くことは間違いないだろう。

あわせて読みたい

「萩生田光一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  3. 3

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

  4. 4

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  6. 6

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  7. 7

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  8. 8

    ウソ見抜けぬ人もネット使う時代

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  9. 9

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  10. 10

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。