記事

大学入試のための英語民間認定試験の導入延期は、胆力のある政治家にしか出来なかった重大決定

火中の栗を拾うことになったのだな、と見ている。

何かと批判の対象になりやすい存在だが、いざという時に頼りになる政治家であることは間違いない。

大学入試のための英語民間認定試験は、聞けば聞くほど問題が多い試験だったようだ。

どの省に限らず、いわゆる役人は、上が決めたことには、実際には色々問題があってもすべて呑み込んで、とにかく実現に向かって全力を尽くすという習性がある。
時々面従腹背の異端児が出たり、面と向かって上司に対して異論を述べたり、時には辞表を叩き付ける豪傑が現れるが、役所の世界では異例中の異例と考えられたらいい。

どんな場合もなんとか知恵を出して、それなりの結果を出してしまう。
多少の不具合があっても、とにかく一旦やりきった上で不具合の部分の修正に全力を尽くす。

それが上手くいく場合も上手くいかない場合もあるのだが、大方のことは大体そういう手順で進む。

役人が自ら政治の決定を覆すようなことはしないし、現実に出来ない。

実施の直前になって規定方針を覆す、などという恐ろしいことは普通の政治家にはとても出来ない。

萩生田氏には、普通の政治家にはない胆力があることは確かである。
修羅場にはふさわしい政治家である。

今の状況を凌ぎ切ったら、自民党の中で確固たる地位を築くことは間違いないだろう。

あわせて読みたい

「萩生田光一」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    総理がメディアに指示? 質疑話題

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    なぜ高学歴なのに低収入になるか

    内藤忍

  3. 3

    徴用工めぐる韓国高裁のこじつけ

    緒方 林太郎

  4. 4

    民主政権の桜を見る会 今と違い

    井戸まさえ

  5. 5

    31歳東大准教授が日本の若手叱咤

    Thoughts and Notes from NC

  6. 6

    山本一郎氏がKAZMAX氏にエール

    やまもといちろう

  7. 7

    雅子さまがまた涙 視線の先には

    文春オンライン

  8. 8

    森田知事巡る問題に舛添氏が苦言

    AbemaTIMES

  9. 9

    子ども愛せず…高学歴男性の離婚

    幻冬舎plus

  10. 10

    居酒屋無断キャンセル逮捕を評価

    宮崎謙介

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。