記事

日経新聞は投資家をくじく

投資家が購読する新聞として日経を欠くことができない。僕も大学時代からずっと購読している。このように日経のファンなのだが、応援するには、どうも行儀がよくない。これは僕だけの評価ではなく、識者にほぼ共通している。この点に大いなる留意が必要だろう。

何十年もの恩義のある日経ながら、以上のことを書こうと思ったきっかけがある。(恩義があるからこその正論かもね)。今日(11/7)の一面右下に「フリー、来月上場へ」との見出しが踊っていたからである。

フリーはクラウドを活用した会計ソフトのトップ企業である。このフリーがマザーズに上場することが承認されたことは、今日の株式市場の引け後に公表される予定だった。

その情報をいち早く記事にすることで、経済分野での「特ダネ」の日経新聞を誇りたかったのだろう。誰が漏らしたのか、菓子箱の下に金貨が敷いてあったのかどうかは知らない。

「でもね」である。そもそも、この会社について、上場されることを半日早く知ったところで何の足しになるのか。この記事を書いた記者に言わせれば、「株式市場の追い風になる」ということかもしれないが。

最近の日経、相場を煽る記事が多い。煽るというのは言い過ぎかもしれないものの、僕の知るかぎりの識者の一致する意見は、「株式市場に対して、短期的に価格上昇を促す材料を重視する傾向にある」とのことである。

つまり、明るい材料を大きく書く。暗い材料は、それが事実として公表されれば避けて通れないものの(それを隠せば某国並みか)、推測を含む記事は最小限に抑える。だから、日経を読むかぎり、景気が良く(そんなに悪くなく)、株価が常に上昇傾向にあるように見えてくる。某氏が言うには、確か「リーマンショック前後から記事の傾向が変化した」とか。

もちろん、新聞に独自の方針があってかまわない。しかし、それは「論説」でのことだろう。新聞社にインサイダー情報に関する罰則が適用されないものの、「特ダネ=早耳=インサイダー的な情報の有無が株式投資での成功か失敗かを命運を決める」的な態度を示されると困るのである。客観的を装った記事に偏りがあると、それこそ罪であり、大変困ったことになる。

僕が困るわけでない。新聞の癖を知っていると、その裏を書くことで利益が得られるから。困るのは、そんな癖というか状況を知らない普通の個人の投資家である。極端には、「日経新聞のような早耳がないと儲からない」、「のこのこ株式に投資したのでは、早耳筋を儲けさすだけ」と思われると、「長期的な企業の成長を楽しめる株式市場に積極的に投資し、財産を築き、できれば老後資金にしてもらおう」との政府の方針に対し、「そんなんで株式投資が儲かるとは、嘘やろ」と疑いがかかってしまう。

以上の意味で、今日のフリーの記事はどうなのか。それも、一面に掲載するものでない。日経のあり方として、上場の公表がなされた後、フリーとはどのような企業で、どのような期待ができるのかをきちんと書くのが本筋だろう。

上場予定の直前での「特ダネ記事」、インサイダーまがいが横行していた昔ならいざしらず、今どきの新聞の役割ではない。新聞も記者も変わらないといけない。そうでないと、投資家はもちろん、一般読者の期待と信頼も損ねるだろう。

あわせて読みたい

「日本経済新聞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  5. 5

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  6. 6

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  7. 7

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  8. 8

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。