記事

ここまでひどい首里城…「炎上前」と「炎上後」を写真で検証

焼け残った龍柱

 10月31日に発生した沖縄・首里城の火災から1週間。11月6日には、首里城を管理する「沖縄美ら島財団」などが合同説明会を開いた。

 火災のはっきりした原因は、まだわかっていないという。那覇市消防局は「現在、消防では電気系統の原因が有力と考えているが、その他のあらゆる可能性を含めて調査を行っている」としている。

 配布された資料によると、正殿は木造のため全焼してしまったが、御庭にあった石造の龍柱や階段、基壇などは残ったという。南殿でも、ガラスケースによっておおわれていた展示品の一部が、焼失を免れた。

 また、大量の文化財を収めた南殿収蔵庫、寄満収蔵庫は奇跡的に無事だった。ただ、寄満収蔵庫は消火活動の水が入り込んでしまったため、財団は今後、文化財の状態を確認する方針だ。
 

 財団は、首里城の各所に収められていた約1500点の収蔵品のうち、県指定有形文化財の「白澤之図」など、約1000点の収蔵品を回収した。残り約500点は、残念ながら焼失してしまった可能性が高い。被害総額は、かなりの金額にのぼりそうだ。

 資料には、豪華絢爛だった首里城の姿と、11月1日に撮影された焼失後の姿が並んでいる。以下、焼失前・後の写真を一挙公開し、往時の首里城をしのびたい。

正殿



北殿



南殿・番所



黄金御殿



書院・鎖之間



寄満



二階御殿



奥書院



あわせて読みたい

「首里城」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    N国が退潮か 我孫子市議選で落選

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    女子大生が教える最新ラブホ事情

    BLOGOS編集部

  3. 3

    自宅ビール用 究極の節約つまみ

    中川 淳一郎

  4. 4

    秋篠宮さま「即位辞退」の現実味

    NEWSポストセブン

  5. 5

    宗男氏 枝野代表に「お門違い」

    鈴木宗男

  6. 6

    新エンジン投入へ マツダの知恵

    片山 修

  7. 7

    GSOMIA破棄目前 韓国に奇策も

    文春オンライン

  8. 8

    前夜祭 安倍首相は会費払ったか

    郷原信郎

  9. 9

    過去作否定? ターミネーター新作

    いいんちょ

  10. 10

    水害補償に山本太郎氏「お粗末」

    鈴木博喜 (「民の声新聞」発行人)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。