記事

原因は語らず懸命努力説明ばかり東電事故報告

 福島原発事故で東電は20日、「福島原子力事故調査報告書」を公表しました。膨大すぎて読み切れませんが、3基の原子炉が炉心溶融を起こすに至ったポイントに絞れば、襲ってくる難事態に東電側は懸命に努力した、とひたすら説明するものの、事故調査報告で必須である「そうなった原因は何か」に全く答えていません。

 最初に爆発した1号機について3月に書いた第300回「福島事故責任は誰にあるか、判明事実から究明」に、政府事故調の指摘を入れました。全電源喪失後に残る最後の非常冷却装置「非常用復水器」について「1号機の全運転員は非常用復水器作動の経験がなかった」です。このために非常用復水器が津波襲来後に動作していないことに遅くまで気付かず、最終的に冷却容量のごく一部しか使われなかったので炉心溶融を起こしました。

 東電報告書は「非常用復水器に関する教育については、日々の現場巡視や定例試験、OJTなどの中で行われており、その中で、その系統・機能やインターロックを把握している。また、津波襲来までは非常用復水器を用いて原子炉圧力制御を行っており、運転員は運転操作に必要な知識は有していた」と強弁します。動作が停止したのは電源喪失で自動的に弁が閉じる仕組みになっていたからであり、電源喪失下では中央制御室から弁閉鎖を発見するのは困難とします。

 1号機と同型の原子炉を運転する米国では、電源喪失時に弁閉鎖となるから運転員は手動で弁を開けに行く訓練をすることになっています。政府事故調の指摘も「電源喪失時に使ったことがあるのか」を問うているものであり、東電の「津波襲来前には使えていた」はピントはずれもいいところです。原子炉を開発した米国側が緊急時に必要としている運転員訓練を日本側に伝えないはずがなく、誰かが握りつぶしたとしか考えられません。

 誰が、どうして、そのような愚かな行為をしたのかを解明するのが東電の社内報告のはず。「交流電源、直流電源が喪失した場合の機器・系統の動きについて、非常用設備を中心に検討分析し、必要に応じて手順書や教育・訓練へ反映をすることが必要であると考えられる」という当事者意識が無い結論は噴飯ものです。原因を究明すれば責任を取らねばならない人物が出ます。それをひたすら避けているのが、福島事故全体の構図です。

 【参照】インターネットで読み解く!「福島原発事故」関連エントリー

あわせて読みたい

「東京電力」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「スゴイ日本!」ばかりのテレビ五輪放送。在留外国人は東京五輪を楽しめるか

    Dr-Seton

    08月05日 08:29

  2. 2

    淀川長治さんが『キネマの神様』を絶賛?CMに「冒涜」と映画ファン激怒

    女性自身

    08月05日 09:07

  3. 3

    環境省がエアコンのサブスクを検討 背景に熱中症死亡者の8割超える高齢者

    BLOGOS しらべる部

    08月04日 18:05

  4. 4

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  5. 5

    中等症入院不可…専門家の意見を聞いていなかったとは

    大串博志

    08月05日 08:22

  6. 6

    テレビ放映権中心に回り夏開催される五輪 舛添氏が改革案を公開

    舛添要一

    08月05日 08:33

  7. 7

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  8. 8

    ワクチン完全接種5割の8月末まで好転無しか

    団藤保晴

    08月05日 09:02

  9. 9

    ベラルーシ選手はなぜ政治亡命したのか ルカシェンコ政権の迫害ぶりを示した東京大会

    WEDGE Infinity

    08月05日 09:18

  10. 10

    東京都、新規感染者数5042人に疑問

    諌山裕

    08月05日 17:42

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。