記事

11/7 内閣委員会~フリーランスについて・アニメーター待遇改善・cookieやGPS規制~

本日は参議院議員2期目になって初めての国会質問がありました。内閣委員会は三年前にも所属していて当時は野党席に座っていましたが、今回は与党席になり感慨深いものがありました。しかしながら、立場はどうであれ、国会議員として、政府に対しては厳しく迫っていきたいと考えています。

最初はフリーランスについての質問を取り上げました。政府は多様な働き方を可能とするために、働き方改革を進めていますが、その中でフリーランスについての議論が抜け落ちています。その点を本日指摘し、西村担当大臣は、重要な指摘であると認識を示した上で、内閣官房が中心となって今は共通の定義がないフリーランスについて政府統一の定義を作ることと、その実態について調査するとの答弁がありました。

次にフリーランスの中でもアニメーターの動画職の平均給与が125万円程度であることを紹介し、その原因が以下の表にある法律の抜け穴に落ちていると指摘をしました。現在下請法では資本金1000万円という外形基準を持っていますが、会社の実態をより表す従業員数や売上というものを外形基準として新たに導入することがいいのでは無いかとの提案をしています。


※現在は1円でも企業が可能で、必ずしも資本金は会社の規模を表していない。事実、アニメ業界では多くの会社が資本金1000万円以下で、下請法の親事業者の対象となっていない

また、今年総務省・経産省が中心となって、アニメ業界に関するガイドラインを2つ作成し、延べ5000件ものパブコメが集まり多くの国民の興味のある内容だという点を指摘しました。その上で、下請中小企業振興法に基づいた助言2件しかなされておらず、さらに積極的に業界や個社に対して行うように主張しました。

3つめの質問として、クッキー、位置情報等について公取が規制するのではないかとの新聞記事が掲載された件について質問しました。公取からはクッキーや位置情報の収集・利用自体に制約を与えるものではないとの答弁がありました。公取にはさらに発信を行う際には気をつけていらぬ萎縮を招くことの無いように釘を刺しておきました。

今日は20分と非常に短い時間の質疑でした。内閣委員会の所管事項は非常に多岐にわたります。今夏の選挙で皆さんにお約束をした事を一つでも多く実現するために頑張って行きたいと考えています。

本日の詳細はこちらからご覧頂けます
3分DIET → https://youtu.be/fNugmeLbIR0
全編動画(3:14:33~)→https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

あわせて読みたい

「アニメーター」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    国民議員 無責任な玉木氏に仰天

    篠原孝

  2. 2

    よしのり氏 堀江氏の主張に賛同

    小林よしのり

  3. 3

    感染拡大 政府に翻弄される沖縄

    神里純平

  4. 4

    コロナで他人を攻撃する日本人

    文春オンライン

  5. 5

    ポリ袋はエコ 製造会社涙の訴え

    PRESIDENT Online

  6. 6

    昼カラ実態「過激なキャバクラ」

    NEWSポストセブン

  7. 7

    木下サーカス 収入90%減のピンチ

    BLOGOS編集部

  8. 8

    合流賛成派にも配慮した玉木代表

    早川忠孝

  9. 9

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  10. 10

    小池都知事の思い付き公約に疑問

    舛添要一

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。