記事

米、ツイッター元従業員らをスパイ行為で起訴 サウジに協力か


[ワシントン/サンフランシスコ 6日 ロイター] - 米司法省が、ツイッターの元従業員2人とサウジアラビア人の男1人をスパイ行為で起訴したことが分かった。元従業員はサウジに批判的なユーザーなどの情報をサウジ当局者に渡し、対価を受け取っていたという。

訴状によると、起訴されたのはツイッターの元従業員2人と、当時サウジ王室のために働いていた男で、訴因は外国の代理人として登録せずにサウジの活動に関与した罪。

ツイッター元従業員の1人は2015年前半に、サウジ王室に批判的な著名人物のアカウントに繰り返しアクセスし、そのアカウントに関連するメールアドレスや電話番号を閲覧できたケースもあった。サウジに批判的な別の人物のアカウントにも、個人情報を入手するためアクセスした。

もう1人の元従業員は、個人情報へのアクセスが会社側に発覚し、2015年終盤に休職処分を受けたが、それまでにすでに6000以上のアカウントにアクセスしていた。

司法省は「この情報を用いてツイッターユーザーを特定し、居場所を把握することが可能だった」と指摘した。

サウジ人の男は同国政府とツイッター元従業員の仲介役を務めたとされる。

司法省によると、元従業員の1人は米シアトルで逮捕されたが、残る2人はサウジ国内にいるとみられる。

サウジを巡っては昨年、著名記者ジャマル・カショギ氏の殺害を受けて与野党議員の間で批判が高まった。

今回の起訴を受け、IT(情報技術)企業が従業員によるアクセスも含め、ユーザーの個人情報をいかに保護するか、あらためて関心が高まりそうだ。

あわせて読みたい

「Twitter」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    昭恵氏だって…外出する人の心情

    田中龍作

  2. 2

    現金給付の所得制限が生むリスク

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    パチンコはいいの? 関口宏が質問

    水島宏明

  4. 4

    NT誌東京支局長の日本非難に苦言

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    知られざる「個人撮影AV」の実態

    文春オンライン

  6. 6

    自粛要請も休業判断は店任せの謎

    内藤忍

  7. 7

    武漢のコロナ対応「高度だった」

    渡辺千賀

  8. 8

    「日本の雰囲気軽い」仏紙が指摘

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    五輪特需失ったホテル業界に危機

    ロイター

  10. 10

    小池知事は検査数少なさ説明せよ

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。