記事

米アップル、来年5Gスマホ発売か クアルコム見通し巡り観測浮上


[6日 ロイター] - 米通信用半導体大手クアルコム<QCOM.O>が示した次世代通信規格「5G」対応スマートフォンの販売台数見通しを巡り、米アップル<AAPL.O>が来年に同規格対応モデルを発売する可能性があるとの見方が出ている。

クアルコムは6日の決算発表で、2020年の5G対応スマホ販売台数が、秋に発売されるフラッグシップモデルを含めて約2億台になるとの見通しを示した。

アップルは5G対応モデルの発売時期を示していない。

しかし、クアルコムの最高財務責任者(CFO)は、投資家との電話会見で、来年の5G向けチップにとって「2つの変曲点」があると指摘。

1つ目は、韓国のサムスン電子<005930.KS>や複数の中国携帯電話メーカーが新機種を投入することが多い春で、「2つ目は、他の一連のフラッグシップ端末が5Gを採用する秋になる」と述べた。

秋はアップルやアルファベット<GOOGL.O>が新モデルを発売する時期だ。サミット・インサイツ・グループのキンガイ・チャン氏は、アップルがこの時期の発売モデルの一部にクアルコムの5G向けモデムチップを採用するとの見方を示した。

クアルコムの5G対応スマホ販売見通しは、調査会社IDCの1億2350万台、ゴールドマン・サックスの1億2000万台を60%近く上回っている。

ムーア・インサイツ・アンド・ストラテジーのパトリック・ムーアヘッド氏は、クアルコムは携帯電話メーカーとの関係が深く、見通しは信頼できると指摘。「クアルコムは実際、生産工場に発注しなければならないし、見通しは投資家との電話会見で示されており、クアルコムの数字を信頼する」と述べた。

あわせて読みたい

「Apple」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    新幹線でのパソコン作業に唖然

    常見陽平

  2. 2

    中国の年金使い込み 大変な事態

    団藤保晴

  3. 3

    「解雇できない」嘆く企業に疑問

    紙屋高雪

  4. 4

    理不尽に米国大使を批判する韓国

    木走正水(きばしりまさみず)

  5. 5

    ゴーン氏10時間取材が出版中止に

    郷原信郎

  6. 6

    れいわが野党共闘を変える可能性

    田中龍作

  7. 7

    ヘンリー夫妻独立に国民激怒の訳

    SmartFLASH

  8. 8

    大トロ 1貫2500円でも儲からない

    fujipon

  9. 9

    Netflixがもたらした画期的な点

    ヒロ

  10. 10

    オリラジ中田を起用したNHKの罪

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。